経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 9月19日  詳細


今日は何の日 9月19日

更新日:2011年02月07日

 

1902年―正岡子規(享年34歳)没す

天才俳人が脊椎カリエスで逝った。麻酔薬もすでに効かなくなっており、のたうち回った末に訪れた死だった。子規は食に異様に執着し、病床の中でのある日の食事は昼に焼いた鴫(しぎ)3羽、粥3椀、梨、葡萄。間食に牛乳1合と菓子パン大小数個、塩煎餅。夕食は与兵衛鮓(にぎり寿司のこと。江戸時代、にぎり寿司を創案した華屋与兵衛の名に由来する)3個、粥2椀、マグロ刺身、煮ナス、葡萄。夜食には林檎2切、飴湯。

1931年―ラジオ臨時ニュース

事件は前日夜10時半、満州・奉天郊外の柳条湖で起こった。南満洲鉄道の線路が爆破され、関東軍は中国側の犯行と断定し攻撃を開始する(今は関東軍の謀略とされている)。この満州事変勃発から8時間後、日本のラジオが臨時ニュースとして事件を伝えた。これがラジオ臨時ニュース第1号。

1977年―今東光(享年79歳)没す

作家であり元参議院議員、平泉中尊寺貫主の今東光がS状結腸がんで死去。直情径行で稚気があり、愛すべき部分ももつ怪しい坊さんであった。人間ドックで発見された結腸がんを73年に摘出手術したときには、摘出した肉片に向かって「この野郎、佃煮にして食ってやる」と息巻いたが、再発したのだった。

1956年―国産外車「ニューヒルマン・ミンクス」発表

この日、いすゞ自動車がニューヒルマン・ミンクスを発表した。旧モデルはイギリスの自動車メーカーの部品を輸入して国内で組み立てた「国産外車」だった。しかし新モデルではエンジン、ボディ、アクセルは国産品となった。新しい100型OHVエンジンは出力も46馬力と3馬力強化された。