経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 9月13日  詳細


今日は何の日 9月13日

更新日:2011年02月07日

 

1945年―大本営の廃止

この日の24時をもって、大本営は廃止となった。大本営とは、天皇直属の大日本陸海軍の最高統帥機関。戦時中のみ設置するもので、日清、日露、日中戦争から太平洋戦争まで3回設置された。前2回は詔勅による大本営解散だったが、今回はGHQの指令による廃止だ。GHQは9月2日の指令第1号以来、矢継ぎ早に占領政策に着手。

1954年―『二十四の瞳』封切り

小豆島を舞台にした松竹映画『二十四の瞳』が封切られた。壺井栄原作、木下恵介監督の名作で、戦前の子どもたちの貧しい暮らしや開戦によって教育現場が軍国主義化していく様子が丹念に描かれている。今年は製作50周年。主演は高峰秀子、子役は成長を考え、そっくりなきょうだい(2人1組)24人を起用する。

1970年―大阪万博、閉幕

「人類の進歩と調和」をテーマに3月15日から大阪・吹田市で開催されていた「日本万国博覧会」が183日間の会期を終了した。参加国数77カ国、総入場者数6421万人(うち、外国人170万人)と、当時は史上最大規模となった。160億円の運営収入をもたらし、入場者も大喜びし、万々歳の博覧会であった。

1971年―林彪の死

この日、毛沢東の暗殺計画に失敗した中国共産党副主席・林彪(りんぴょう)が妻子らとともにソ連に亡命する途中、飛行機がモンゴルに墜落して死亡した。毛沢東と文化大革命を推進して多数の党幹部を粛清した林彪だが、二人とも権力に執着するあまり反目しはじめる。クーデター発覚で逃亡中の事故だった。

1975年―棟方志功(享年72歳)没す

午前10時5分、青森市出身の版画家は肝臓がんで死去した。前年10月に倒れて、がんが発覚。年内の命と宣告されたが、頑健で精力的な志功は年を越して初秋まで生きた。その最期を夫人は「線香花火の火がポトリと落ちるように」と表現する。遺骨は自分で選んだ青森の墓地に埋葬され、市民葬が行なわれた。