経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 10月22日  詳細


今日は何の日 10月22日

更新日:2010年10月19日

 

1906年―セザンヌ(享年67歳)没す

かねてから「絵を描きながら死にたい」と言っていた画家は、生まれ故郷でサント・ビクトワール山を描いていて雨にあったことから肺炎を起こして亡くなった。願っていた通りの死だった。絵を認められることもなく絵の世界でも孤立していたが、晩年は突然に絵が高騰。しかし、「何かの策略じゃないか」と疑う気むずかしい老人だった。

1932年―小松大火

この日の午前1時20分ごろ、石川県小松町(現・小松市)の映画館から出火した。折からの強風にあおられ、火は町の中心部をなめつくし1187戸を焼失した。北陸線小松駅も焼け落ち、鉄道は不通。小松町は2年前の30年にも大火で760戸を焼失しており、やっと復興してこれからという時期の大惨事だった。

1937年―パリ万博日本館、設計賞

この年、5月4日からパリ万博が開催されていた。
日本館は板倉準三の設計で、日本の伝統美とモダンな近代建築美を融合したものだった。パリっ子にも評判だったこの建物はこの日、設計賞を受賞する。これは板倉のデビュー作で、フランスでの建築家修行が結実した作品となった。

1947年―街頭職業相談所

食糧難だけでなく「財政も企業も家計も赤字」という時代で、求職者が巷にあふれていた。兵庫県の神戸、西宮など6市ではこの日から3日間、街頭職業相談所を開催。公共職業安定所の職員が「苦しくても正しい職につこう」と呼びかけた。相談に応じ始めるとたちまち長蛇の列が。全国各市でも開催された。

1957年―なんば劇場の開場

南海電鉄はこの日、大阪・難波駅構内に地上7階、地下1階の南海会館を開場。会館内には、なんば大劇場(1250席)、なんばロキシー(800席)、なんば邦画(534席)の3劇場が入り、大阪・ミナミの娯楽の殿堂となった。隣接の高島屋からも利用できる便利さで人気に。現在、南海は南海会館の建て替えを検討中。

1958年―松川大行進、仙台出発

1949年の松川事件で逮捕・起訴された元国鉄職員ら20名のうち17名が、1953年の二審判決で有罪となった。この日、吉川英治など著名な作家・知識人が支援する松川事件対策協議会主催の「松川大行進」が、被告らが収監されている宮城拘置所を出発。全員無罪を訴えながら歩き、11月5日に東京に到着する。行進参加者総数は何と15000人!

1962年―キューバのミサイル危機

ジョン・F・ケネディ大統領は、キューバにソ連のミサイルが配備されているのを偵察機が確認した、と全米に発表。冷戦下にあった米ソの対立先鋭化に世界は騒然となった。核戦争の危機も危惧されるなか、秘密裏の交渉でアメリカがキューバ侵攻をしないという条件で年末までにミサイルは撤去された。