経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 7月19日  詳細


今日は何の日 7月19日

更新日:2011年02月07日

 

1799年―ロゼッタストーンの発見

ナポレオン・ボナパルトのエジプト遠征中のこと。ロゼッタの街で兵士が3種類の文字(エジプト民衆語・共通ギリシャ語・エジプトのヒエログリフ)が刻まれた石碑を発見した。1822年にはトマス・ヤングとジャン=フランソワ・シャンポリオンによって解読された。現在、大英博物館に収蔵されている。

1949年―『青い山脈』封切り

朝日新聞に連載中だった石坂洋次郎の原作を東宝が映画化した。監督は今井正、主演は原節子・池辺良の青春賛歌の作品。明るいリズムの主題歌もヒットした。この映画は、敗戦4年後の苦しい時代を生きていた人々が民主主義の息吹を感じとった秀作だ。こののち、石坂は大衆小説のヒットメーカーとなる。

1965年─梅崎春生(享年50歳)没す

この小説家は結婚の4〜5年後から毎晩酒を飲み続けていた。何度もうつ状態の心身不調に陥った後に患ったのが肝硬変。吐血して入院した東大病院で診断された。実はがん性の肝硬変だったのに、退院後にも医師に止められた酒を家族に隠れて飲んでいた。幻聴に悩まされつつ書いた『幻花』が絶筆となった。

1968年―子母沢寛(享年76歳)没す

原稿用紙16枚ほどの短編『座頭市物語』(「座頭市」の原作)で一世を風靡した小説家・子母沢寛(しもざわ・かん)が心筋梗塞で死去した。66年に夫人を亡くしたとき「涙も枯れる」ほど泣き続け、それ以来めっきり衰えていた。心臓が痛み出してから、医者の到着も間に合わぬほどの急変だった。

1975年―沖縄海洋博の誤算

沖縄国際海洋博覧会の開会式が華々しく挙行された。テーマは「海―その望ましい未来」で、特別博覧会としては史上最高の36カ国、3国際機関が参加した。沖縄県民は「公共工事によて経済が発展する」「観光客が増加する」と大きな期待を寄せたが、入場者は予想を100万人も下回る348万人。「海洋博特需」を期待した県民は落胆した。