経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月15日  詳細


今日は何の日 11月15日

更新日:2010年10月20日

 

1940年―木炭の切符制

農林省の通達で、東京などの7大都市で木炭の切符制が実施された。徴兵で労働力が不足し、山にも管理の手が入らないために資材も不足。38年頃から木炭の生産量が低下し、都市部では燃料不足が続いていた。「零戦」が重慶で初戦果を上げて国民は大喜びだったが、その陰でエネルギー危機はいっそう深刻になった。

1957年―名古屋に地下鉄開業

この日、名古屋市で名古屋市営の地下鉄が開業した。名古屋―栄町(現・栄)間の2.4kmで、東京、大阪に次いで3番目。1954年8月に着工し、総工費は約21億円だった。名古屋駅では華やかに発車式が行われた。1世帯に1枚ずつ試乗券が配られたためか、この日だけで約13万人が地下鉄の乗り心地を試した。料金は大人15円、小人8円。

1969年―伊藤整(享年64歳)没す

小説家・評論家の伊藤整は大ベストセラーとなった『女性に関する十二章』『氾濫』など多くの作品を残した。とくに名を馳せたのは「チャタレー裁判」。伊藤が翻訳した『チャタレー婦人の恋人』が猥褻文書販売罪に問われ、最高裁まで争って有罪となった。がんで倒れたが、病とも最期まで果敢に闘った。

1976年―ジャン・ギャバン

午後4時20分、72歳のフランスの名優が心臓発作で死去した。フランスのレジオン・ドヌール勲章受章のパーティを予定していた10日に発作を起こして入院、そのまま帰らぬ人となった。フランス国営放送はギャバンの死をトップで伝えた。19日、遺骨はジスカール・デスタン大統領の指示でフランス海軍によって大西洋に水葬された。

七五三

男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳に、成長を祝い神社に参拝する日。徳川綱吉の子・徳松の祝いが行なわれたことにちなんで、それ以降、武家では11月15日に祝うようになった。お参りの土産の定番は千歳飴だが、これは寿命を千年も保つ飴。そのルーツは元禄宝永の時代の「先年飴(寿命糖)」のようだ。