経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月14日  詳細


今日は何の日 11月14日

更新日:2010年10月20日

 

1936年―大型飛行艇、就航

日本海軍が払い下げた英国製軍用飛行艇が改造され、日本航空輸送研究所という民間航空会社の旅客大型艇「麒麟号」として就航を開始した。大阪−別府間を結んだもので、乗員3〜5名、乗客16名乗り。1日1往復だったが、エアガールの機内サービスがあり大人気に。39年まで1万5000人を運んだ。

1942年―海軍兵学校の卒業式

この日、広島県江田島の海軍兵学校(帝国海軍の将校養成機関)71期生581名の卒業式が行われた。式のあと、卒業生は新調した少尉候補生服に身を包み、海上での実習に向かった。海軍兵学校の教育機関は4年間の時代もあったが、戦況が悪化したこの頃には要員不足で3年間を切っていた。終戦時には、71期生の半数以上が戦死。

1947年―戦後初の新すい星発見

本田実さんが、戦後初めての新すい星を発見。「本田すい星」(1947])と名づけられ、明るい話題に国内は沸いた。本田さんは倉敷天文台に奉職中に応召、戦地では拾ったレンズで望遠鏡を作り新すい星を発見していた。アマチュア天文家として新すい星を12個、新星を11個発見した、当時の世界記録保持者。

1959年―トニー・ザイラー来日

この日、元オリンピック選手でアルペンスキーの3種目を制覇した俳優トニー・ザイラーが来日した。松竹映画『銀嶺の王者』への出演と、東京で開催される「ドイツ映画祭」への出席のため。到着した羽田空港では、映画で共演する鰐淵晴子らが出迎えた。二枚目の金メダリストは日本でも有名で、空港には多くのファンが押し寄せた。

1971年―金田一京助(享年89歳)没す

印象的な姓を持つため、言語学者という地味な存在にも関わらずその名は知れ渡っている。前半生は貧乏な暮らし続きだったというが、『明解國語辞典』を編纂し、文化勲章などさまざまな栄誉に輝いた。しかし、大学者もついに老人性認知症のような状態になり、この日、老衰で静かに息を引き取った。