経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月13日  詳細


今日は何の日 11月13日

更新日:2010年10月20日

 

1626年―上野東照宮の完成

江戸幕府の開祖・徳川家康を祀った東京・上野の上野東照宮(上野東叡山の東照社)が完成した。社殿は日光や久能山の東照宮と並ぶ豪華な造り。今では上野東照宮は日中友好を記念したぼたん苑で有名だ。4月中旬頃に日本のぼたん(約200品種3000本)と中国のぼたん(約50品種200本)の花が咲き誇る。

1921年―世界初の空母、進水

日本海軍初の航空母艦「鳳翔(ほうしょう)」が進水した。基準排水量7470t、飛行甲板の長さ158m、幅22mというミニ空母ではあったが、世界で初めて建造された本格的航空母艦。三菱が製作した複葉機・10式艦上戦闘機が積載された。戦後は南方からの復員兵輸送船に転用された。

1938年―虎ノ門での試運転

東京高速鉄道(現・東京地下鉄)はこの日、虎ノ門−青山六丁目(のちに神宮前となり、現在は表参道)間の地下鉄工事が完成して試運転を行なった。18日の開業を間近に控えての試運転だったが、問題の発生もなく関係者を安堵させた。12月20日には青山六丁目−渋谷が、翌39年1月15日には虎ノ門−新橋が延伸して、渋谷と新橋がつながった。

1944年―銀カップの献納

大相撲秋場所4日目のこの日、後楽園球場の土俵上で大蔵省(当時)に供出する銀献納の受渡式が行われた。航空機増産に協力するために集められたもので、相撲協会の役員と全力士が所有していたカップや盾などの銀製品76点、重量63貫(約236kg)。この頃になると、最優先される軍需物資さえ枯渇する状況に陥っていた。

1973年―サトウハチロー(享年69歳)没す

11月3日に「勲三等瑞宝章」を受章したばかりの詩人は、佐藤愛子ら親族に祝福された。荒れ放題の若い頃には叙勲など思いもよらなかったろうが、「ちいさい秋みつけた」などの麗しい歌詞はその栄誉に値する。その5日後、不整脈で入院。経過は良好と思われていたが心臓発作で死去。

うるしの日

平安時代のこの日に、菩薩が漆の製法を伝えたという伝説に因んで日本漆工芸協会が制定。うるしは縄文時代から樹液を塗料として使ってきた。うるしの木の幹に水平に鎌で傷を付けて、浸出するうるしを集める。しかし現在、うるしの98%は中国などからの輸入に頼る。「漆器」は「Japan」の名が泣くかもしれない。