経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 6月22日  詳細


今日は何の日 6月22日

更新日:2011年02月15日

 

1752年―雷雨の中で電気の実験

アメリカ独立宣言の起草者で「建国の父」とも呼ばれているベンジャミン・フランクリンが、雷雨の最中に凧を揚げる実験をして、雷が電気であることを証明した。のちにこの実験の応用技術で避雷針も発明する。フランクリンは科学だけでなく政治・著述・外交でも活躍した。

ボウリングの日

1861年のこの日、英字新聞「ザ・ナガサキ・ショッピングリスト・アンド・アドバタイザー」に、長崎・出島近くの外国人居留地に「ボウリング・サロン開設」の広告が掲載されたという。それが日本初のボウリングに関する記述だということで、1972年に社団法人日本ボウリング場協会が制定した。

1920年―ジョサイア・コンドル(享年67歳)没す

コンドルは、工部大学校造家科(東京大学建築学科)で西欧式建築を教えた日本近代建築の父。辰野金吾らを育てる。英国から来日以来43年間を過ごし、日本人と結婚し、東京で亡くなった。コンドルは日本初の建築設計事務所を設立し、東京帝室博物館、鹿鳴館、ニコライ聖堂など優れた作品を数多く残している。

1946年―日本の漁業区域の拡張

GHQはこの日、日本の漁業・捕鯨の操業区域の拡張を許可した。1945年9月に東経150度、北緯30度と指定された漁業水域は東経165度、北緯45度と約4倍に拡大。この境界線はマッカーサーラインと呼ばれた。食糧配給の欠配や遅配が日常的になっている中で、深刻な食糧難を打開しないと大衆/労働運動が高揚するというGHQの危機感の現われ。