経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 6月12日  詳細


今日は何の日 6月12日

更新日:2011年01月20日

 

645年―中大兄皇子のクーデター

この日の未明、反蘇我派によるクーデターが起こり、蘇我入鹿が宮中大殿で襲われて即死。雨が降りしきるなか、遺体は大門前のぬかるみに放置された。首謀者は軽皇子、中大兄皇子、中臣鎌足ら。翌13日、入鹿の父・蘇我蝦夷は屋敷に火を放って自決。この屋敷らしき遺構が奈良県の明日香村で発掘された。

1886年―製糸場でストライキ

山梨県甲府山田町の雨宮製糸場で働く工女100余名がストライキを決行した。製糸工場の同業組合が作った蚕糸業組合規約に反対したもの。この規約、午前4時30分始業で午後7時30分終業(昼食時間30分)という14時間30分の長時間労働や、用便や水を飲む時間さえ与えないなど理不尽なもの。16日、始業繰り下げなど工女勝利で終結。

1893年―清水次郎長(享年73歳)没す

この日の早暁、「海道一の大親分」は大往生をとげた。病名は不明(風邪をこじらせたとする説もあり)だが、足を洗って社会事業に邁進したかつての侠客が自宅の畳の上で死んだことは確か。葬儀は15日に行なわれ、清水湊の梅蔭寺に埋葬された。会葬者は博徒の頭、朋友、親戚など数千人と伝えられている。

1910年―宇高連絡船の開設

かつて岡山県の岡山港と香川県の高松港を結んでいたのは蒸気船。しかし2時間もかかるため、明治政府は岡山から玉野市宇野まで鉄道(宇野線)を敷いて、宇野と高松を結ぶ連絡線の開設をめざす。そしてこの日、四国の人たちが待ち望んだ宇高連絡船が開業。玉藻丸と児嶋丸が就航し、所要時間も大幅に短縮された。

1937年―スターリンの大粛清

11日に非公開の軍事裁判にかけられたソ連赤軍の最高幹部ら8名全員に、この日、銃殺刑が宣告された。刑は直ちに執行。レーニンの死後、権力を掌握したスターリンの大粛清はすでに36年から始まっており、38年までに98名の政府高官が「人民の敵」という「お題目」で殺された。

1951年―ニューヨーク航路許可

この日、GHQは日本郵船など4社にニューヨーク定期航路開設を許可。日本の海運業は太平洋戦争で徴用された船が壊滅的な打撃を受けた。しかし朝鮮特需による経済復興で外航船建造が可能に。7月以降、三井船舶は朝香山丸、国際海運は若島丸、日本郵船は平安丸、大阪商船はあめりか丸を就航させた。