経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 6月2日  詳細


今日は何の日 6月2日

更新日:2013年06月04日

 

1450年―竜安寺の創建

禅宗に傾倒している細川勝元が別荘を開き、その地内に新たに禅寺の竜安寺を創建した。初代住職には、勝元が日頃から参禅していた妙心寺の義天玄承(ぎてんげんしょう)を迎えた。しかし1467年、この建物は勝元を東軍の将とする応仁の乱で焼失。のちに子の政元が再興する。枯山水の極地といわれる方丈石庭は再興後のものとみられる。

1743年―尾形乾山(享年80歳)没す

偉大なる陶芸家であり画家の乾山が、江戸の長屋で「孤独死」をした。長屋の住人に発見されたが葬る金もなく、生前に輪王寺宮に庇護されて窯場を開いたらしいということから、輪王寺で1両をもらって葬式を出したという。しかし、じつは乾山は実兄の尾形光琳と並ぶ大芸術家。謎の多い人生だった。

1952年―独立報告参拝

午前9時10分、昭和天皇は4月28日の講和発効と日本独立を伊勢神宮に報告するために東京駅発特別列車で三重県に向かった。駅のホームには吉田茂首相など政府関係者が整列して見送った。ちなみに伊勢神宮の正式名称は「神宮」。江戸時代にはお伊勢参りが大ブームになり、江戸からは2週間強で到着した。

1953年―エリザベス2世の即位

英国女王にエリザベス2世(25歳)が即位した。各国の王族や首脳が列席し、ウェストミンスター寺院で荘厳な戴冠式が執り行なわれた。その様子は英国初のテレビ生中継で国民に届けられた。式後、バッキンガム宮殿に戻った女王はエジンバラ公とともにバルコニーに現われ、国民の祝福を受けた。

1954年―会社に『結婚の自由を!』

この日、近江絹糸紡績大阪本社の従業員が「仏教を強制するな」「結婚と外出の自由を認めよ」「信書の開封と私物検査を即刻中止せよ」という要求書を会社に提出した。会社はこの要求をのまず、4日には労働組合が結成され「人権スト」に突入。ストは各地の工場に波及する。9月、世論の支持を受けた労組が勝利して争議が終結。

ローズの日

6月の誕生花はバラ。そこで、ロー(6)ズ(2)の語呂合わせで「ローズの日」となった。バラは部屋に飾る、お茶にして飲む、アロマで香りを満たす など楽しみ方はいろいろ。いまなら満開のバラ庭園の散歩でも癒されそうだ。各地にあるバラ自慢の公園や庭園に出かけてみては。朝なら香りも楽しめる。