経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 5月29日  詳細


今日は何の日 5月29日

更新日:2011年02月15日

 

1193年―曽我兄弟の仇討ち後

源頼朝が8日から催されていた鹿や猪を狩る巻狩りの最中の28日夜、曽我十郎祐成(22)と弟の曽我五郎時致(20)の兄弟が父の仇・工藤祐経を討ち果たした。兄弟の父・河津祐通が祐経の放った刺客に殺された恨みを晴らした。しかし、名乗りを上げたところで駆けつけた武士に祐成は討ち取られ、五郎もこの日の朝に斬首された。

1901年―はだし禁止のお触れ

この年、全国でペストが大流行した。そこで警視庁は防疫のために戸外でのはだし歩行禁止のお触れを出した。違反者は、刑法により拘留または科料に処されるという厳しい内容だった。当時はまだ、はだしで歩く人が多かったために大量の処分者を出した。

1928年―電気機関車の試運転

午後2時、鉄道省の次官も乗り込んで初の国産大型電気機関車(EF52形)の試運転が芝浦製作所の専用線で行なわれた。それまで使用されていた大型電気機関車はすべて輸入品で故障が多く、鉄道省は共同設計で優秀な純国産機関車を作ろうと日立、三菱、芝浦などの会社に製作を依頼。最初に完成させたのが芝浦だった。

1941年―ユダヤ人、神戸出港

リトアニア日本領事館の杉原ビザを持ち、ポーランドから脱出・亡命して神戸市に3週間滞在していたユダヤ人53人。この日、「心の祖国」パレスチナに向かうために神戸港から大阪商船「まにら号」で出帆した。行き先は南アフリカのケープタウン。ここから陸路でパレスチナをめざすはるかな旅の始まりだ。

1942年―与謝野晶子(享年65歳)没す

11人の子を生んだ歌人・与謝野晶子は、40年に脳溢血を起こして風呂場で倒れた。それ以来、左半身不随で静養していた。この年の正月には狭心症の発作に見舞われ、5月18日には尿毒症で意識不明に。そしてこの日、多くの歌を残した才女は土に還った。葬儀では門人代表で堀口大学が挽歌十首を捧げた。

こんにゃくの日

「5・2・9」がこんにゃくの語韻に似ており、5月頃に種芋を植え付けることから全国こんにゃく協同組合連合会が1989年に制定。アルカリ性食品のこんにゃくは低カロリーで、成人病予防や美肌効果など健康機能性が高い。夏を健康で過ごすために食生活に取り入れて欲しいという願いを込めたそうだ。