経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 5月28日  詳細


今日は何の日 5月28日

更新日:2016年05月28日

 

1681年―豪商の追放

浅草の豪商・石川六大夫と妻子が宅地没収のうえ、江戸から追放された。時の将軍は町人の奢侈を禁じた綱吉。それにも関わらず六大夫の妻は、5月8日に上野寛永寺に向かう将軍の行列を豪華な振袖姿に贅沢品の伽羅の香を焚いて見物。これが綱吉の逆鱗に触れた。この追放に元禄バブルを謳歌する町人は震え上がった。

1947年―街に出た子熊さん

この日から6月3日まで、東京都などの主催で「動物愛護週間」の行事が行なわれた。初日は、上野動物園から子熊や子猿、ヤギなどを乗せた花馬車1台が街に繰り出した。日比谷公園では「動物をかわいがって」と紙芝居をすると子どもたちは大喜びした。この頃は占領軍のカレンダーに合わせたが、いまは9月20〜26日。

1952年―国民病・結核撲滅の闘い

結核は亡国病、国民病として非常に恐れられていたが、太平洋戦争時には患者が激増して死亡率も急上昇した。戦後、ストレプトマイシンなどの新薬が出現し、この病いを急速に駆逐した。そしてこの日、厚生省は「結核死亡率半減記念」の式典を日比谷公会堂で挙行。戦後最大の医学界の朗報だった。

1953年―堀辰雄(享年48歳)没す

女性ファンの多い小説家・詩人の堀辰雄が夫人(堀多恵子)に看取られて結核で死亡した。19歳で肋膜炎を患って以来、終生この病いを飼い慣らし、自ら「病気をあやす」と表現している。抒情小説『風立ちぬ』『美しい村』などを残し、福永武彦や立原道造など後進に大きな影響を与えた。

1957年―邦画初の成人映画指定

この日封切られた東宝映画の『憎いもの』が成人映画指定第1号となった。石坂洋次郎原作、藤原釜足・小泉博・賀原夏子などが出演した作品で、売春をしている娘と鉢合わせした父親の悲劇を描いた深刻な内容だった。この映画は同時に、優秀映画鑑賞会の推薦も受けている。

1959年―ロサンゼルスに1番機

ロサンゼルス線が開設され、日本航空の一番機シティ・オブ・ロサンゼルス号(DC7C)が東京国際空港(羽田空港)を飛び立った。乗り込んだのは35人の招待客。この路線の定期便は週3便、飛行時間は約20時間半で片道17万5,700円だった。前年6月、羽田は米軍から全面返還されて空の時代が本格的に幕開けとなった。

1961年―アムネスティの訴え

英国のオブザーバー紙が「アムネスティ(恩赦)の訴え1961年」を掲載した。「非暴力的方法で意見を表明した結果、逮捕投獄された人々を釈放しよう」という一弁護士の意見広告。軍政下のポルトガルの学生が「自由のために」と乾杯しただけで投獄されたことへの抗議で、これがアムネスティ・インターナショナル誕生の契機。