経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 5月24日  詳細


今日は何の日 5月24日

更新日:2011年02月15日

 

1543年―コペルニクス(享年70歳)没す

人類最初の地動説論文『天体の回転について』を書いたコペルニクスが死亡した。長年にわたり論文の手直しをして出版した自著『天球回転論』初版本が届いた日の死だった。しかし、42年の数度の脳溢血発作で右半身は麻痺、すでに記憶も失われていたために「近代天文学の父」が本の完成を認識することはなかった。

1883年―ブルックリン橋の開通

世界最長(当時)のつり橋・ブルックリン橋が14年にわたる難工事を終え、ついに完成した。イースト・リバーをはさんだニューヨークのマンハッタンとブルックリン地区が初めてつながった記念すべき日。設計者のジョン・ローブリングは建設中の最初の事故死者となり、息子と妻がこの工事を引き継いだ。

1946年―二度目の玉音放送

この日、天皇はラジオ放送で悪化の一途をたどる食糧事情に関して「家族国家にうるはしい伝統に生き」「乏しきを分かち、苦しみを共にするの覚悟を……」と呼びかけた。19日の食糧メーデー(参加者25万人)では、113人の主婦らが赤旗を掲げて坂下門から宮城内に入り、宮内省に決議文を提出。宮内省はその内容を天皇に上奏していた。

1949年―年齢は満で

この日、「年齢のとなえ方に関する法律」が公布された。従来の数え年による慣例(12月生まれの乳児が翌1月1日には2歳になる)を改め、年齢は満で数えることになった。海外では満年齢であるために国際的にも不便が多く、物資の配給などでも欠陥が生じていたから。この法の推進者は参議院議員で作家の山本有三。

1949年―戦後初の台湾バナナ到着

この日の朝、戦後初めて輸入された台湾バナナ26トン(3139かご)が横浜港に到着。すぐに東京・築地市場に送られた。小売価格は1本40〜50円と高価だったが、バナナ好きが店頭に人垣を作った。黒く変色しかなり傷んではいたが、それでも甘いバナナはごちそうだった。当時、15色入りクレヨンが約50円だった。

1958年―アジア大会開催

この日、東京で第3回アジア競技大会が開幕した。20カ国から1400人あまりの選手が参加し、15種目の競技に挑んだ。日本は金メダル67個を獲得。この大会、東京オリンピック招致中の開催とあって運営にも力が入った。メイン会場はこの年の3月に落成した自慢の国立競技場。6月1日に無事閉幕した。

1960年―はるか南米から津波来襲

21日に南米・チリで発生した大地震による津波がこの日、東北、北海道の太平洋沿岸に襲いかかった。もっとも被害の大きかった三陸沿岸では波の高さは5〜6メートルに達した。この「チリ地震津波」による死者・行方不明者は139人にのぼった。