経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 5月17日  詳細


今日は何の日 5月17日

更新日:2011年02月15日

 

1934年―大阪天神橋の開通

この日、大阪市の大川(旧淀川)に架けられていた天神橋が完成して、開通式が行なわれた。明治時代に大洪水で流された3年後にドイツ製の鉄橋となり、そしてこのたび3連の鉄製アーチとコンクリートの混合橋(全長210.7m、幅22m)の天神橋となった。中央部には中ノ島公園に下りる遊歩道が付設された。

井の頭自然文化園の開園記念日

1942年の今日、東京・三鷹の井の頭恩賜公園内に井の頭自然文化園が開園した。2カ月ほど前には三鷹町(三鷹市)に初の警戒警報と空襲警報が発令される戦時下の開園とあって、人も予算もない中でのスタート。自然に近い環境で小動物を群で放し飼いする郊外型の動物園となった。1956年以降は、ゾウの「はな子」がスター(2016年5月26日、69年の生涯を終えた。遺体は国立科学博物館に寄贈)。

1949年―初の女性裁判官誕生

新しい司法修習制度の第1回修了証書を受けた石渡満子が、東京地裁の判事補に就任することが決定した。史上初の女性裁判官の誕生だった。44歳での任官だったため在任期間は21年あまりと短かったが、「婦人人権擁護同盟」に参加するなど司法の場でも女性の人権を守ろうと奮闘した。

1951年―皇太后の崩御(享年66歳)

午後4時10分、皇太后(大正天皇の皇后)が大宮御所で狭心症により崩御した。この日もいつも通り、勤労奉仕で訪れた人たちと会うための支度をした直後に発作が起き、わずか40分後に逝去。大喪儀は6月22日(おくり名は貞明皇后)。東京大塚の豊島岡墓地での告別式のあと、都下南多摩郡の多摩東陵に埋葬された。

1956年―裕次郎、デビュー

日活映画『太陽の季節』(原作・石原慎太郎)が封切られ、石原裕次郎が映画デビューした。無軌道な若者を描いた作品で、裕次郎は甘いマスクで若い女性の心をとらえた。大宅壮一は奔放な若者たちを「太陽族」と命名。この後、太陽族映画が立て続けに公開されたが、大人は「不良映画」だと眉をひそめた。

1957年―急行『北上』脱線

午後8時20分頃、上野発青森行きの常磐線急行「北上」が福島県双葉郡の大野―長塚間で脱線転覆した。機関車と前5両の客車は築堤下の田にずり落ち、機関士ら3名が死亡、43名が重軽傷を負った。原因は線路下を通る国道6号線の陸橋の橋桁にトラックの積み荷がぶつかり、衝撃でレールがずれたため。

1970年―パピルス船の出帆

ノルウェーの人類学者トール・ハイエルダールが、モロッコからパピルス製の「ラー2世号」で大西洋横断の航海に出発した。古代エジプト人こそがアメリカ大陸に最初に航海したという自説を検証することが目的。前年には失敗したが、ラー2世号は57日後に大西洋横断を成功させ、パピルス船の強度を証明した。