経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 4月27日  詳細


今日は何の日 4月27日

更新日:2011年01月19日

 

哲学の日

紀元前399年、ギリシアの哲学者・ソクラテス(推定70歳)が、「国家の神々を信じずに青年を謬らせた」罪で投獄され、公開裁判でも自説を曲げなかったために死刑宣告を受け、「悪法もまた法なり」として自ら毒杯をあおった。それが今日だとされ、この勇気ある哲学者をたたえて「哲学の日」となった。

1521年―マゼランの死

1520年に西回り航路を発見すべく5隻の船でスペインを出たマゼランは、地球の4分の3を航海してマクタン島(フィリピン)に着いた。ここで現地部族と戦って負傷。しかし部下たちに見捨てられて、マゼランは命を落とした。その後も船団は航海を続けて世界一周を成し遂げたが、帰国できたのは1隻だった。

1917年―初の駅伝

この日、読売新聞社主催ではじめての駅伝競走「東海道駅伝徒歩競走」が「関東対関西」で行なわれた。東京遷都50周年を記念したレースで、京都・三条大橋から東京・上野不忍池までの508キロ23区間を3日間で走破した。「駅伝」とは、東海道五十三次の「宿駅」と「伝馬制度」の合体から生まれた言葉である。

1938年―雄物川の堰堤爆破

秋田県を貫流する雄物川の改修工事は1917年から始まった。21年後のこの日、新放水路を開く爆破通水が行なわれて工事が完了した。70mにわたる堰堤は、180Kgの火薬で一瞬にして爆破された。この工事の目的は農地拡大と食糧増産。この年の1月に国は軍需優先の物資動員計画を決定しており、兵糧の安定確保が喫緊の課題となっていた。

1954年―『ローマの休日』封切り

オードリー・ヘップバーンは小国の王女、グレゴリー・ペックはアメリカの新聞記者。2人がローマで出会い、恋に落ちるという米映画『ローマの休日』が封切られた。ウィリアム・ワイラー監督の見事な演出で大ヒット、この年の洋画興行ベスト1に輝いた。前髪を下ろしたヘップバーンの髪型も大流行した。