経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 4月18日  詳細


今日は何の日 4月18日

更新日:2011年01月18日

 

1849年―葛飾北斎(享年89歳)没す

午前4時ごろ、文化・文政時代を代表する浮世絵師が門人たちに見守られて没した。「富嶽三十六景」など世界に誇る作品を数多く残した北斎は、「天、我をして十年、ねがわくば五年の命を保たしめば、真正の画工となるを得べし」と言って息を引き取ったという。翌19日の葬儀には100人余が参列して、遺体は浅草の誓教寺に葬られた。

1952年―破防法反対スト

この日、破壊活動防止法(破防法)制定反対のストライキが行なわれ、私鉄総連(11万人)も一斉にストに突入した。中労委の斡旋は不調に終わり、各社自主交渉に。その結果、私鉄はストライキに突入し、線路上を歩いて会社に向かうサラリーマンが列を作った。このストは第5派まで行なわれたが、破防法は7月7日成立。

三重県民の日

1976年に三重県が置県100周年を記念して制定した日。1876年に度会(わたらい)県が三重県に統合されて現在の三重県が誕生した。郷土の歴史を知り、自治意識を高める日と位置づけている。三重県ではこの日を記念して22日(土)に限り、県内の博物館などの公共施設(対象外施設あり)の無料開放を行なっている。

ガーベラ記念日

ガーベラ生産者の有志が2005年に日本記念日協会に申請したもので、今日が第2回目の記念日。4月は日本ではじめて育種したガーベラが咲いた時期にあたるだけでなく、出荷最盛期でもある。そこで「よいはな」の語呂合わせで決定。ガーベラは色鮮やかで花持ちがよいので、人気が上がっている。