経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 4月11日  詳細


今日は何の日 4月11日

更新日:2011年01月17日

 

1868年―江戸城の無血開城

この日、江戸城が新政府軍に接収された。無血開城による政権委譲で、江戸住民は戦火を免れた。すでに2月12日に江戸城を出て上野寛永寺に謹慎していた徳川慶喜は、未明に駕籠に乗って出身地の水戸へ向かった。15日には黒木綿の羽織という元将軍らしからぬ姿で水戸に到着。このあとすぐに、藩校の弘道館に入って謹慎生活を始めた。

1940年―アルミ10銭貨幣

この日、各銀行の窓口にアルミニウムの10銭貨幣(直径22mm、重さ1.5g)が登場した。表は中央に菊章、その下部に桐紋。裏面には二重桜花に「昭和十五年」の文字が入り、側面はキザミ入り。当時は日中戦争下にあり、軍需物質の銅材を確保するために臨時通貨法を改正、アルミ貨を流通させて銅貨を回収した。

1945年―文学座『女の一生』初演

東京・渋谷の東横映画劇場で、杉村春子主演『女の一生』の第1回目公演が敢行された。「敢行」とは大げさなというなかれ。米軍からの空襲は日々激しさを増し、明日の命もわからない時代のこと。当然、公演中にも空襲警報が鳴り響き、全5回の上演で最後まで演じられた舞台はほとんどなかったという。

1949年―長者番付トップは?

東京財務局が作家・芸能人などの有名人の長者番付を発表した。1948年度の所得調査結果では、100万円以上の所得者は28人。作家10人、俳優7人、音楽家5人など。堂々の第1位は大衆小説『宮本武蔵』を書いた吉川英治(250万円)、2位は「ブギの女王」と呼ばれた歌手の笠置シヅ子(200万円)。

1950年―電光ニュース

東京・渋谷駅前の東横デパート(現・東急デパート渋谷駅・東横店)の壁面に、通称「電送サイン」が登場した。これは昼間でも見える画期的な電光ニュースで、1分間に70文字も伝えることができた。電球を使わず、特殊金属の反射で文字を見せるもの。朝日新聞社などの最新ニュースをいち早く伝えた。