経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月5日  詳細


今日は何の日 11月5日

更新日:2018年03月23日

 

1869年―大村益次郎(享年45歳)没す

9月4日の夕刻、京都三条木屋町の旅館で暴漢に斬り付けられて怪我を負った大村の右膝の傷は暑さで化膿。20日にポルトガル人医師の診察を受けて手術を勧められる。しかし役人らの手術許可の評議が遅れに遅れ、執刀は10月27日までずれ込んだ。結局、右下肢を切断したが手遅れで敗血症で死亡。

1930年―大原美術館、開館

この日、岡山県倉敷市に西洋近代美術館である大原美術館が開館した。日本初の私立美術館で、創立者は倉敷紡績の社長・大原孫三郎。収蔵作品は画家の児島虎次郎を3度渡欧させて収集したもの。児島が選んだのはエル・グレコ、ゴーギャン、モネ、マティスなど。前年に病没した児島をしのんで開設された。

いいりんごの日

青森県が青森りんごの未来を考える日にしようと2001年に制定。「いい(11)りんご(5)」の語呂合せ。「りんごが赤くなると医者が青くなる」というが、最近の研究結果によるとリンゴポリフェノールは筋力増強や肥満予防の効果があるそうだ。いまが旬のりんごは1日1個がおすすめだそうだ。

1951年―『ニッポン日記』刊行

この日、筑摩書房からマーク・ゲインの『ニッポン日記』上巻が刊行された。1945年12月からシカゴ・サン紙の特派員として来日し、敗戦後の占領体制下で激動する日本の様子を日記風にまとめたもの。一貫してユーモアと良識を失わずに、占領軍や日本の指導層の裏の顔に仮借なく言及。日本占領史の貴重な資料となっている。

1955年―モリー来園!

この日、上野動物園にインドネシアのバンドン動物園から小さなボルネオオランウータンがやってきた。推定3歳で名前はモリー。子どもたちの人気者になった。61年には初子出産。日本初のオランウータンの繁殖だった。2002年からはクレヨンで絵を描き「モリー画伯」と呼ばれるように。今や世界最高齢となり、多摩動物園で暮らす。