経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月1日  詳細


今日は何の日 11月1日

更新日:2010年10月19日

 

本格焼酎の日

本格焼酎(乙類)は8月ごろから仕込まれ、貯酒期間の短い新酒が出来上がるのが11月1日ごろであることから(通常品は6カ月ほど貯酒)、今日に制定された。
芋、麦、そばなどが原料の本格焼酎の平均成長率は5%(80年代前半の年率40%の大ブームを除く)。いまや清酒の国内消費量を逆転せんという勢いだ。

1934年―東横百貨店の開店

この日、東京横浜電鉄(現・東京急行電鉄)の百貨店部として、東横百貨店(現・東横店)が渋谷駅に開店した。鉄筋コンクリートで地上7階、地下1階、延べ面積1万1750平方メートルという大店舗。当時の渋谷駅周辺は小さな商店しかなかったので、駅の利用者にとっては買い物が飛躍的に便利になった。

1947年―『二十の扉』放送開始

この日、NHKラジオで『二十の扉』(毎週土曜日の午後7時〜7時30分)の第1回目の放送が始まった。5名の解答者が司会の藤倉修一アナウンサーにさまざまな質問(例えば、「それは動物ですか」「鳴きますか」など)をして、20問以内に正解を出すというクイズ番組。解答者・塙長一郎の使った「そのものズバリですか」が大流行。

1951年―バャリースオレンヂ発売

この日、朝日麦酒(現アサヒビール)がアメリカのバャリース社から原料を輸入して、バャリースオレンヂ(現バヤリースオレンジ)の製造販売を開始した。砂糖が統制中で甘い物が手に入らない時代に、人工甘味料を使っていないということで人気沸騰。公園に置かれた空き瓶の中でバャリースだけにアリが群がったという話も残る。

1952年―アメリカの水爆実験

マーシャル諸島のエニウェトク環礁で、アメリカが世界初の水素爆弾「マイク」の爆破実験に成功した。10.4メガトンの核爆弾は瞬時に島ひとつを消し去った。破壊力は広島に投下された原爆の800倍もあった。その後、55年にはソ連も水爆実験を行ない、超大国間の核戦争が現実的な脅威となった。

1952年―魚肉ソーセージ

日本水産はこの日、わが国初のマグロを主原料としたソーセージを発売した。進駐軍の影響で一般家庭にもパン食が普及し始めていたが、畜肉や乳製品は庶民にとっては高嶺の花。マグロが獲れすぎて処理方法を模索していた頃とあって、パンにも合って価格の安い魚肉ソーセージは人気に。他社も続々と追随した。

1960年―クレジットカード第1号

三越と富士銀行が提携して初のクレジットカードが登場した。富士に1年定期のクレジット預金(5万円か10万円)をした人に、三越が発行したもの。カードで預金金額内の買い物ができ、代金は翌月末に請求されるシステム。支払えないと、富士がクレジット預金を担保に貸し出しをして決済した。