経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  WizBizニュース  >  「東京国際アニメフェア2010」開催迫る!  詳細

前回は約13万人が来場!世界最大のアニメの祭典
「東京国際アニメフェア2010」開催迫る!
2010年3月25日(木)・26日(金)ビジネスデー/3月27日(土)・28日(日)パブリックデー/東京ビッグサイト 東1・2・3ホール他

更新日:2010年02月10日

東京国際アニメフェア実行委員会 (2010年2月10日)

東京国際アニメフェア実行委員会(実行委員長 石原慎太郎〔東京都知事〕)は、世界最大級のアニメーション総合イベント「東京国際アニメフェア2010」を、2010年3月25日(木)から28日(日)まで東京ビッグサイトで開催します。 本フェアは、国内外のアニメ制作会社、テレビ・映画会社、玩具・ソフト開発関連企業など、アニメーションに関わる企業・団体が一堂に会する総合イベントで、今回で9回目を迎えます。

会場は、アニメに関する最新情報が獲得できる「見本市」、シンポジウムやステージイベント・特別企画展など来場者に向けた「イベント」、優秀なアニメ作品を選定し表彰する「コンペティション」の3つのカテゴリーで構成。2009年3月に開催した東京国際アニメフェア2009では、255社(うち海外:56社)が出展、更にビジネスユーザー・ファミリー層・アニメファンなどが来場し、過去最多の4日間計:129,819名(前年比2.52%増)の来場者を記録しました。

● 東京国際アニメフェア2010 主な見どころ ●

【見本市】大手アニメーション企業も多数出展!200社以上が集合する「見本市」

東京国際アニメフェアの見本市会場には、アニメ関連企業・団体200社以上が大集合。ビジネスデーにはビジネス来場者へ向けたPR、パブリックデーにはアニソン歌手・声優・着ぐるみが登場するイベントが実施され、毎年大勢の来場者で賑わいます。更に、各出展ブースやステージでは、4月の番組改編期へ向けた新作アニメや、劇場作品等の発表も多数行われます。

【イベント】学べる!参加する!楽しめる!企画が盛りだくさん!

「シンポジウム」は、アニメ・コンテンツビジネスの実務に直結する最新情報を発信し、国内・外のアニメ事情などをテーマにシンポジウムを実施します(開催:ビジネスデー)。「ステージイベント」は、「TAF&JAU共催 〜日俳連人気声優大集合〜『ボイス玉手箱4!』」や「声優アワード ’10 スペシャルステージ」などファンも参加し、楽しめる内容です。「特別企画展」は、好評を博し2008年から開催の「全国マンガ&アニメーションミュージアムEXPO」を行います。また、近年話題のマンガやアニメ、ご当地キャラクターを使った「まちおこし」も紹介します。

【コンペティション】昨年は「崖の上のポニョ」がグランプリ受賞!今年の「東京アニメアワード」はどの作品に!?

「東京アニメアワード」は今回で第9回を迎える、アニメ作品のコンペティション。過去1年間に国内で放送・上映・販売されたアニメ作品から選定する「ノミネート作品」、人材発掘を目的として国内外から広くアニメ作品の一般公募を行う「公募作品」の2部門から受賞作品を決定し、表彰式は「東京国際アニメフェア2010」会場にて実施します。昨年のグランプリ(アニメーション・オブ・ザ・イヤー)は、劇場アニメ「崖の上のポニョ」が受賞しました。なお、同表彰式では、アニメ業界の発展に寄与した方々を称える「第6回功労賞」の顕彰式も行います。
また、才能豊かな若手クリエイターを支援するため、ビジネスチャンスの場を提供するコーナー「クリエイターズワールド」など、当フェアは若手の育成にも取り組んでいます。

東京国際アニメフェア初となるテーマソングが登場!

喜多村英梨、井口裕香からなるユニット「えりゆか」が、東京国際アニメフェア初となる東京国際アニメフェア2010テーマソングを制作しました。当日のステージイベントにて披露予定です。制作の模様は、文化放送 超A&G+・ラジオ関西の番組「はみだせ!メガミマガジンRadio!」にて放送中です。

● 「見本市」トピックス 【開催期間】ビジネスデー・パブリックデー 【会場】東1・2・3ホール ●

本年は231社、618小間(2010年2月1日現在)のアニメ関連企業・団体が出展し、最先端のアニメーション情報を発信。日本のアニメーション市場に対する海外からの注目度が高まる中、国際的な商談の場として展開します。また、一般のアニメファンが最新情報を得る場としてもさらにパワーアップ。アニメーション産業全体の発展に貢献します。トピックスとして以下6社の話題をお届けします(社名五十音順)。 

ベルリン国際映画祭ノミネート作品「宇宙ショーへようこそ」の特別映像の公開、4月以降のTV新作や話題作を展示
出展者:株式会社アニプレックス

ベルリン国際映画祭ノミネート作品「宇宙ショーへようこそ」(2010年公開予定)のプロモーション映像として本編の一部が東京国際アニメフェアにて公開されます。「宇宙ショーへようこそ」は、「かみちゅ!」「R・O・D」といったアニメファンに定評のあるヒット作を手がけてきた舛成孝二監督の初劇場作品で、クオリティにこだわるアニメファン層から、夢のあるストーリーや世界観が好きなファミリー層にまで、幅広く訴えかけるオリジナルアニメーション作品です。そのほか、「化物語」で話題の西尾維新原作小説のアニメ化企画第2弾である現在放送中の「刀語」、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」、「デュラララ!!」や、今年4月以降に放送・公開される新番組・劇場映画など、20作品以上の人気作・注目作の展示を行います。また、人気声優を招いてのイベントも予定しています。

ブースも拡大し、「中国文化部」が2度目の出展
出展者:中華人民共和国 文化部

前回の初出展に続き、アニメ産業に力を入れる「中国文化部」の代表団がよりスケールアップし、2度目の出展です。今回も、全中国から選抜したアニメ関連企業14社が集まり出展します。昨年11月新設されたばかりの、文化部直轄「中国動漫集団」が代表団をリードします。現在、中国内で大ヒット中の「喜羊羊与灰太狼」等、今後注目の中国アニメ市場を紹介します。また、3月25日(木)午後にビジネス・シンポジウムを開催予定です。

アニメーションのレア物が大集合の「アニメ・チャリティオークション」子供たちのキャラクターへの手紙など、「アニメの感想文」の表彰式
出展者:一般社団法人 日本動画協会

一般社団法人 日本動画協会は、第6回「アニメ・チャリティオークション」を東京国際アニメフェア実行委員会事務局と共催で開催します。当協会会員社59社の協力により提供された直筆イラストやサイン入りアフレコ台本など、ファン垂涎のレア物が約100点出品されます。オークションは、展示物に落札価格を入札する形式で行い、売上金は、子供たちの生活向上のための活動を行う、ハイチ地震復興支援団体、東京善意銀行など(予定)へ全額寄付します。(出品物は2月下旬から当協会HP内特設ページhttp://www.aja.gr.jp/sp/taf_auction2010.phpにて公開)。
また、アニメの感想やキャラクターへの手紙など、子供たちのアニメに関する感想文を募集する「第4回アニメ感想文コンクール」の表彰式をTAFステージにて行います。受賞作品は「アニメの森」(当協会ブース)、当協会HP内特設ページhttp://www.aja.gr.jp/data/anigra.phpなどで発表・展示します。
その他、アニメ業界に関する統計調査データや海外への作品波及の様子の展示や、動画協会調査による業界データの展示とデータベースのデモンストレーションの実施予定です。

■アニメ・チャリティオークション 3月27日(土)・28日(日)10:00〜18:00 開催場所:当協会ブース
■アニメ感想文コンクール表彰式 3月28日(日)13:00〜 開催場所:TAFステージ

「映画プリキュアオールスターズDX2」キャラクターステージ、「ワンピース」など好評放送中のテレビ作品の展示や、本邦初公開の映像も!
出展者:東映株式会社・東映ビデオ株式会社・東映アニメーション株式会社

東映アニメーション株式会社は、東映株式会社、東映ビデオ株式会社と合同出展します。好評放送中のテレビ作品「ハートキャッチプリキュア!」「怪談レストラン」「マリー&ガリー」「ワンピース」「ドラゴンボール改」などの展示を行います。また、3月20日に劇場公開する「映画プリキュアオールスターズDX2」のステージでは、総勢17名のプリキュアが全員大集合し、他では見られない華やかなステージを繰り広げます。その他、本邦初公開となるパイロット映像等の上映や多彩なゲストが登場するステージイベントを行います。

全編3D特撮アクション映画「牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜」登場!
出展者:株式会社東北新社

株式会社東北新社は、近年日本でも注目を集め始めている3D映画で、今年全国劇場公開する、最新3D技術を駆使した特撮アクション映画「牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜」をメインにブース展開します。制作は、新たに撮影機材を自社開発するなど、3D映画における全工程(撮影・CG作成・編集・合成)の技術・ノウハウの蓄積がある、関連会社オムニバス・ジャパンが担当し、その3D技術が活かされた東北新社一押しの作品です。2005年に発表された特撮アクションTVシリーズ「牙狼<GARO>」からの軌跡をたどりながら、現時点では未だ謎に包まれている映画の最新情報やみどころを紹介。貴重な小道具やコスチュームを多数展示し、ここでしか見ることのできない迫力の本編3D映像を限定特別公開する予定です。27日(土)には、11:00よりTAFステージにて製作発表を行います。主演の小西遼生さんをはじめ主要キャストが勢揃いする予定で、影山ヒロノブさんによるライブも開催します。整理券配布方法など詳細は後日公式ページhttp://www.garo-3dmovie.jp/にてお知らせします。

「機動戦士ガンダム」シリーズの展示や限定アフレコ体験などを実施!
出展者:バンダイナムコグループ

バンダイナムコグループの5社が共同出展します。株式会社バンダイは、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」「たまごっち!」等の作品の商品を展示予定です。株式会社バンダイナムコゲームスからは、昨年好評だった、気軽にアニメやゲームの声優体験ができる新しいゲーム「アフレコ!」の東京国際アニメフェア限定バージョンを今年も展示します。この会場限定の特別仕様の「アフレコ!」を楽しめます。バンダイビジュアル株式会社は、発売直後であるOVA「機動戦士ガンダムUC」第1巻(3/12ブルーレイ&DVD発売)のコーナー展開を予定しています。株式会社サンライズは、2010年公開予定の劇場作品を中心とした展示エリアを中心に「機動戦士ガンダムUC」「BB戦士三国伝」「機動戦士ガンダムOO」といったガンダムシリーズをはじめ、「いばらの王」「銀魂」「ボトムズ」「ケロロ軍曹」等々の各プロモーション映像の上映を予定しています。一部作品では、スタッフトークなどのイベントも実施予定です。その他には、ケータイ公式ファンサイト「ギアス★net」「SEED Club mobile」のサイトプロモーションカード無料配布やデフォルメキャラクター「たねきゃら」や、「ちびギアス」の限定画像をプレゼントします。

● 東京国際アニメフェア2010 開催概要 ●

正式名称 東京国際アニメフェア2010
主催 東京国際アニメフェア実行委員会 〔委員長 石原慎太郎(東京都知事)〕
協賛 東京国際アニメフェア実行委員企業・団体 他
公式サイト http://www.tokyoanime.jp/
開催期間・
開催時間
ビジネスデー 2010年3月25日(木)・3月26日(金) 10:00〜17:00
パブリックデー 2010年3月27日(土)・3月28日(日) 10:00〜18:00 ※入場は終了時間の30分前まで
会場 東京ビッグサイト 東京国際展示場 東1・2・3ホール他
東京都江東区有明3-10-1
りんかい線「国際展示場駅」より徒歩7分 / ゆりかもめ(新交通)「国際展示場駅正門駅」より徒歩3分
入場 ビジネスデー 事前登録 無料(公式ガイドブック付)
未登録 1,000円(公式ガイドブック付、税込)
※事前登録は2010年1月15日(金)よりホームページ上にて開始
※関係者およびビジネス目的の来場者のみ受付のため、18歳未満は入場禁止
パブリックデー 当日 / 大人:1,000円 中高生:500円(税込)
前売 / 大人:800円 中高生:400円(税込)
※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方2名まで無料
※前売券は2010年1月30日(土)から3月26日(金)まで全国のコンビニ・各代理店に
て販売
販売場所:
ローソンチケット(Lコード:31111)、アニメイト(一部店舗を除く)、ゲーマーズ(一部店舗を除く)、紀伊國屋書店(本店5階キノチケットカウンター)、東京アニメセンター、東京観光情報センター都庁本部、ゆりかもめ新橋駅案内所

● 東京国際アニメフェア2010 構成、詳細 ●

1. 4日間共通展示<25日(木)〜28日(日)>

見本市 アニメ制作会社、映画・テレビ局・玩具、ソフト開発企業、出版社など、アニメビジネスに関わる国内外の企業・団体200社以上が出展。アニメ業界の最新情報をここでキャッチ。
【出展者数・小間数(2010年2月1日現在)】
1社、618小間 うち海外:60社 59小間
特別企画展 毎年テーマを変え展開する「特別企画展」は、好評を博し2008年から引き続き開催している「全国マンガ&アニメーションミュージアムEXPO」を、グレードアップして開催します。全国約50館のマンガ・アニメーション関連のミュージアムの紹介の他、マンガ・アニメ・キャラクターを使って「まちおこし」「地域活性」を行っているスポットも全国マップ形式でご紹介いたします。それに伴い、地域で活躍しているご当地キャラクターも一挙紹介予定です。
【主な展示構成予定】 ※展示内容は一部変更になる場合がございます。
■全国マンガ&アニメーションミュージアム 施設紹介
施設紹介パネルと全国マップの2本立てで展示。
■全国まちおこし関連スポットの紹介
マンガやアニメーションでのまちおこしを紹介パネルと全国マップの2本立てで展示。
■全国のご当地キャラの紹介
「ご当地キャラクター」を地域とキャラクターのつながりという視点から紹介。
■特別記念展示
連載20周年の「クレヨンしんちゃん」や放送20周年の「ちびまる子ちゃん」などの展示。
クリエイターズワールド 若手クリエイターがアマからプロへ、プロからメジャーになることを支援するため、国内外のコンペティションで受賞歴のある才能豊かな若手クリエイター:全9組に、ビジネスチャンスの場を提供するコーナーです。更に、クリエイターズワールド歴代参加者を集めたコーナー:「クリエイターズワールド・アドバンス」も隣接に登場します。
【TAF2010 第8回クリエイターズワールド 参加クリエイター】
石川ホールディングス、植草航、woodpecker、OHRYS BIRD、澤田裕太郎、
渋江修平、上甲トモヨシ、高橋昂也、外山光男 ※計9組、敬称略
【TAF2010 クリエイターズワールド・アドバンス 参加クリエイター】
伊勢田誠治、ウサギ王、オフィス・ガナゴナ、ケイカ、杉山 実、スタジオアールエフ、Spooky graphic、TAKORASU、TANGE FILMS、恁エ重義、東京ハイジ、
バーナムラボラトリー、パンタグラフ、ホネスタ、増田智美 ※計15組、敬称略
アニメバザール 物販専用エリア。4日間を通して人気のアニメ・キャラクターグッズが購入できます。更に昨年に引き続き、アニメグッズを集めた「TAFショップ」も登場!

2. ビジネスデー展示内容<25日(木)・26日(金)>

記者発表 報道関係者へ向けて、アニメーション関連各社が新作や新企画を発表。あっと驚くニュースやスターが次々と登場し、毎年、多くの媒体に取り上げられています。 (※詳細は公式ホームページにて順次発表)
シンポジウム アニメビジネス・コンテンツビジネスの実務に直結する最新情報を発信。国内・海外のアニメ事情などをテーマにシンポジウムを実施致します。
(※聴講無料、事前申込制。詳細は公式ホームページにて順次発表)
オーバーシーズルーム 海外来場者向けに、情報提供の場を設置。通訳サービス等の提供によりビジネスマッチング・各種商談をサポートする他、スクリーニングルームを設置します。
商談コーナー 出展者の商談をより活性化するために専用ブースを設けます(有料)。

3. パブリックデー展示内容<27日(土)・28日(日)>

ステージイベント 会場内TAFステージ、ステージUにて、アニメファンやファミリーを対象に、アニメ作品関連のアーティスト・声優のライブ、トークショーなどを実施します。今年も「TAF&JAU共催 〜日俳連人気声優大集合〜『ボイス玉手箱4!』(司会:堀内賢雄・後藤邑子)」、「声優アワード ’10 スペシャルステージ」等アニメファン必見のプログラムが満載です。
※ステージエリアへの入場は整理券制です。
【実施予定イベント】
「TAF&JAU共催 〜日俳連人気声優大集合〜『ボイス玉手箱4!』」
開催日:2010年3月28日(日)13:10〜14:30
会 場:東京国際アニメフェア2010会場内 TAFステージ
(東京ビッグサイト 東1ホール)
主 催:東京国際アニメフェア実行委員会・協同組合 日本俳優連合
出演者: 司会 堀内賢雄、後藤邑子
出 演: 河原木志穂、白石涼子、高橋広樹、飛田展男、冨永みーな、浪川大輔、深見梨加、山口勝平(五十音順、敬称略)
「声優アワード ’10 スペシャルステージ」
※東京国際アニメフェアへの入場には入場券が必要となります
※ステージ観覧は整理券制となります。詳細は後日、当公式ホームページ上で告知いたします。
他、多数のステージイベントを予定
アニメルーキーズ 脚本、キャラクター設定、背景、音楽、美術など、アニメ制作現場に欠かせない各分野のエキスパートがワークショップを開催。プロの方々の講義や指導を通じて、アニメ業界を目指す人たちに向けて窓口を展開します。
ファミリー入口の開設 例年開場時間の前には5千人以上もの長い待ち列ができます。小学生以下の小さなお子さまを連れた来場者の長時間の待機を考慮し、一般入口とは別にファミリー向けの優先入口を開設いたします。※混雑状況によって開場を遅らせる場合がございます。

4.その他

開会式 東京国際アニメフェア実行委員会の役員が、ステージ上でテープカットを行います。
【開催日時】 3月25日(木) 9:45〜10:00/TAFステージにて
第9回東京アニメアワード、表彰式 新たな才能の発掘とビジネス支援を目的に実施される、商業作品、自主制作作品のコンペティションで、今回で9回目を迎えます。選考対象として、過去1年間に国内で放送・上映・販売された商業アニメ作品を対象とした「ノミネート」、人材発掘を目的として国内外から広くアニメ作品の一般公募を行う「公募」の2部門を設定。表彰式は、「東京国際アニメフェア2010」の会期中にビッグサイト会議棟・レセプションホールにて実施致します。
【表彰式】 3月27日(土) 13:00開場/13:40〜16:20
【会場】 東京ビッグサイト 会議棟1階レセプションホール
※表彰式・レセプションへの参加は招待制です(表彰式の取材は可能です)
※レセプションのご取材はお断りしております
第6回功労賞、顕彰式 広くアニメーション産業の形成や、その文化・歴史の構築、社会的な地位の向上に寄与するとともに、制作、技術、表現、人材育成をはじめ、教育文化、国際交流などにおいて貢献した方々や団体を称えます。顕彰式を東京アニメアワード表彰式と併せて開催し、見本市会場(一般社団法人日本動画協会ブース)にて記念展も実施します。
第6回アニメ・チャリティオークション 日本動画協会会員社59社の協力により、台本や原画集、直筆のイラストなど、アニメファン垂涎のレア物約100品が出品されます。※詳細はリリース2枚目参照
【開催日】 3月27日(土)・3月28日(日) (パブリックデー)
第4回アニメ感想文コンクール アニメがテーマの感想文コンクール。優秀作品は見本市会場・ホームページなどで発表し、TAFステージで表彰式を行います。※詳細はリリース2枚目参照

■ 視聴者・読者からのお問合せ

TEL:03-5777-8600(NTTハローダイヤル)
公式ホームページ
http://www.tokyoanime.jp/