経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  WizBizニュース  >  社会人ボランティア集団が、寄付つき弁当箱「BOX FOR TWO」を発売  詳細

お弁当箱を購入すると、アフリカに学校給食を届けられる!気軽に社会貢献&ヘルシー!
社会人ボランティア集団が、寄付つき弁当箱「BOX FOR TWO」を発売
〜2010年は「プロボノ」元年!〜

更新日:2010年01月19日

NPO法人 TABLE FOR TWO International (2010年1月19日)

日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人 TABLE FOR TWO International(東京都港区、事務局長・小暮 真久)(略称:テーブルフォーツーまたはTFT)は、生活雑貨の企画・製造・販売を行う株式会社イエロースタジオと共同で、寄付つきお弁当箱「TABLE FOR TWO」を2010年3月中旬より新たに発売します。お弁当箱(販売価格:2,000円前後を予定)を購入すると、給食1食(20円を予定)をアフリカの子どもにプレゼントできます。

■ 社会貢献とメタボ予防を同時にできる”お弁当の新しいカタチ”:「ランチを変えると、世界も変わる」

TFTは先進国の生活習慣病などの飽食の問題と開発途上国の飢餓問題の同時解決を目指す社会貢献運動を行っています。日本でカロリーを通常より抑えたTFTブランドのヘルシーフードをレストランやコンビニエンスストア、社員食堂で購入すると、代金に含まれる寄付(20円)により、温かな給食1食を飢餓に苦しむアフリカの子どもにプレゼントできます。TFTブランドのお弁当箱発売は初の試みで、ヘルシーな弁当を食すことで、メタボ予防と社会貢献を同時にできるお弁当の新しいカタチを提案しています。(※寄付金:お弁当箱20円、付属品 各5円を予定)

■ 日中は会社で働く20代ビジネスパーソン達が、社会人ボランティアとしてお弁当箱を提案

弁当箱を考案したのは、社会貢献に想いをもつ20代のビジネスパーソン十数名。日中はコンサルティング会社、商社、銀行、人材サービス会社で仕事をしながら、平日の朝や夜、週末を利用して、社会人ボランティアとして、弁当箱を企画・開発に携わっています。本業と両立させるために、朝8:00に集合し、出勤前の時間を利用して、ミーティングをすることもあります。

■ 新しい社会貢献のカタチ、2010年はプロボノ元年!

今年になり、”プロボノ”(社会人が仕事を通じて培った知識やスキル、経験やノウハウなどを活かしてNPOやNGOなどで社会貢献すること)が増えてきています。”プロボノ”は、社会人が仕事を続け、会社に属しながら、自分の時間の一部を効率的に活用して社会貢献に役立てる新しい社会貢献の考え方として参加者が増え始めており、「2010年は”プロボノ”元年」と言われている程です。(※プロボノ「Pro Bono」は、ラテン語「Pro Bono Publico」(公共善のために)の略で、欧米に根付いている。)

■ 販売予定の商品・販売予定価格

600ml(成人女性向け)2段ランチボックス:1,800円、800ml(成人男性向け)2段ランチボックス:2,000円
21cm 箸&ケース:800円、ランチ巾着:800円、ランチクロス:780円〜880円、ランチバッグ:1,200円

■ 販売方法

・楽天市場「お弁当箱専門店・イエロースタジオ」http://www.rakuten.ne.jp/gold/yellowstudio/
・「弁当箱&ランチ雑貨専門店・イエロースタジオ」http://www.bentoubako.jp/
 他各種小売店店頭にて販売予定

TFTのヘルシーメニューガイドライン ※以下のうち1項目以上を取り入れることが定められている。

1.生活習慣病やメタボリックシンドローム改善に役立つようなヘルシー素材や、カロリーダウンの工夫を含んでいる。(1食あたり約730kcal、または約680-800kcalが目安)
2.食糧問題の改善に結びつくような素材や工夫を含んでいる
3.日本人に不足しがちな栄養素を補うような素材や工夫を含んでいる。

NPO法人 TABLE FOR TWO Internationalについて(http://www.tablefor2.org/jp/

2007年10月設立。”TABLE FOR TWO”を直訳すると、「二人のための食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子ども達が食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、アフリカの子どもに給食1食分をプレゼントできる。
2年間で大企業や官公庁、大学、病院など約200万食(9000人の1年分の給食に相当)をアフリカのウガンダ、ルワンダ、マラウィに届けた。栄養不良、飢餓の人口が約10億人、一方、食べ過ぎが原因で肥満、メタボに苦しむ人が10億人、という世界の食糧問題の解決を目指す。

株式会社イエロースタジオについて(http://www.bentoubako.jp/

弁当箱を中心とした生活雑貨の企画・製造・販売。生活雑貨店、ネット通販等で、弁当箱やランチ雑貨を販売。

コンパスポイントについて(http://compasspoint.asia/

社会人向け勉強会を実施する団体。情熱を持つ若手社会人を応援。「将来の夢をかなえるために、まずは実力・スキルを磨こう」と社会に出たものの、日々の仕事と向き合う中、その情熱はいつの間にかさめてしまう社会人も多い。そこで、情熱を持つ人たちが集い、語り合う場を作り出すことで、情熱を持つすべての人が、互いに刺激を与えあいながら情熱を保ち続けることができるよう、実際に動き出した先駆者から「刺激を受ける場」、情熱を持つ日同士が語り合う「仲間作りの場」、メンバーが主体的に発信できる「刺激を与える場」、行動を起こした人を「応援する場」を提供。若手社会人が胸に秘めた志をカタチに変えることをサポートする「情熱の魔法瓶」となることを目指している。

【問い合わせ先】

NPO法人 TABLE FOR TWO International 安東(あんどう)
TEL:03-5771-4117 Email:m.ando@tablefor2.org