経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  WizBizニュース  >  第6回 韓国国家インフラ技術大展 KOREA SOC WEEK 2010  詳細

参加者特典があるのが嬉しい! −ホテル、食事、現地での送迎サービス、通訳を無償提供−
第6回 韓国国家インフラ技術大展 KOREA SOC WEEK 2010

更新日:2010年09月07日

 


 
1.展示期間 :2010年9月30日(木)〜10月3日(日)
 
2.展示場所 :ソウル KINTEX1.2ホール
 
3.展示規模 :21,384u 400社 1,000ブース(国内340社、海外60社)
 30,000名(国内29,000名、海外1,000名)
 SOC技術展、韓国建設機械展(1500ブース50,000名)、韓国国際鉄鋼産業展
 韓国最大の国家基盤産業展
 
4.主   催 :国土海洋部、知識経済部
 
5.主   幹 :韓国建設政策研究院、韓国建設新技術協会、大韓施設物維持管理公団
 大韓交通学会、韓国都市鉄道協会、大韓貿易投資振興公社、韓国産業マーケティング研究院、韓国経済新聞
 
6.後   援 :京畿道
 
7.譜代行事 :09月30日 10:00 開幕式
 09月30日 13:00〜17:00 アジアSOC構築国際シンポジウム
 10月01日 13:00〜17:00 GTX(首都圏広域急行列車)関連セミナー
 10月01日 13:00〜17:00 韓国橋梁構造工学会セミナー
 10月01日 13:00〜17:00 トンネル技術工法セミナー
 10月01日 13:00〜17:00 新技術、新製品発表会
 
8.グローバルな経済危機の中で建設産業の厳しさを克服するためには技術開発を通じ高付加価値を作り出し海外市場に向うべきである。
 
9.展示会品目別の運営内容
 
  @ KOTROB(韓国トンネル、地下空間、道路、橋梁技術部門)
  トンネル、地下空間建設及び維持管理:設計、施工、掘削関連技術、トンネル補強設備、電力関連設備、排水関連設備、トンネル安全技術、関連メディア及びセミナ
  道路建設及び維持管理:設計、施工、補修工法、点検施設、建設資材、建設装備、検査機器、交通標識版、学術機関、専門雑誌、メディアーなど関連団体
  橋梁建設及び維持管理:橋梁管理システム、橋梁上部技術、装備、検査機器、耐震システム、新築つなぎ目装置
 
  A KOSCON(韓国セメント、コンクリート技術展)
  素材部門:化学混合材、防水材、結露材、クラウト材など
  特殊製品類:特殊セメント、ヒューム管、パイル、テラゾー、タイル、水路管、マンホール
  関連機器及び維持管理:ポンプカー、シュツトクリティング、ミキサー、モルタルポンプ、ブレーカ、混和機、カット機、各種診断装置、計測機器、コントロールシステムなど
 
  B KONEWTECH(韓国新技術展)
  建設新技術分野:土木構造及び施工技術、土質及び基礎技術、建築施工技術、道路技術、建築設備技術、水資源及び河川技術
  環境新技術分野:水処理技術、廃棄物処理技術、消音振動防止技術、大気汚染防止技術、新環境商品
    電力新技術分野:電気及び電力関連新技術分野
    その他:国土海洋部、知識経済部、特許庁など国家技術認定技術
 
  C KOSMART(韓国スマートSOC展)
  自動徴収システム、自動取り締まりシステム、運転者情報システム、最適経路案内システム、総合交通管理システム、電子通関システム、貨物車管理システム、スピード感知システム、映像感知システム、モニタリングシステム
  電力管理システム、充電インフラー、分散型電源バッテリー、リアルタイム電気料金計測装置、直流電源供給装置、スマートメータ機、AMIシステム
  スマートECO:河川モニタリングシステム、大気モニタリングシステム、水質分析システム
 
  D KOTRANS(韓国鉄道、GTX、軽電車及び空港技術展)
  鉄道、GTX技術建設及び維持管理:設計、施工線路構造物設備、電車電力設備、信号通話システム
  新交通建設及び維持管理:新交通建設(建築、土木、設計技術)新交通車両(AGTモノレール、)交通システム(電気、電力、信号、無人自動運転関連技術、通信システム設備
  空港建設技術及び維持管理:設計、施工、維持保守、設備及び空港サービス(ターミナルカーゴ、貨物管理システム、地上サービス)及び関連メディアと関連団体
 
  E KOPLEX(韓国プラント、エンジニアリング技術)
  土木プラント技術及び関連技術
  建設プラント及び関連技術
  環境プラント及び関連技術
  エナジープラント及び関連技術:新再生エネルギー関連エンジニアリング、水力、火力、原子力発電所設計技術、淡水化プラント技術、石炭ガス化プラント
 
  F KOGMEX(韓国地理情報、測量及びGIS展)
  地理情報分野:モニタリングシステム、(航空写真管理、判読、道路管理、知的情報、地盤情報管理、資源再生管理などその他の分野現場支援システム、気象管理など
  測量分野:GIS,GPS,KS,CAD,CAM,CAE,LISPプログラミング、測量ソース光繊維システム、3Dスキャンシステムソリューション、レオジャーデオトリ技術及び機材
 
  G KOPREX(韓国建設安全、防災展)
  自然災害防災(水害、地震、津波、雪害、斜面地すべり、黄砂、落雷、その他自然災害
  安全管理:施設管理、環境管理、危険物管理、原子力管理
  防災観測、総合状況システム:観測、監視装備、総合制御システム、ソフトウェアー、防災管理ネットワークシステム
  防災IT分野全般:防災ITソルーション、U−CITY防災安全都市、通信障害、情報復旧
  防災保険、防災コンサルティング、防災教育(研究所、防災優秀自治体など)
 
  H 海外PR及び参加関連
  ドイツ、中国、スイスの展示専門プロモータ、日本能力協会(JMA)、中国貿易促進会、台湾貿易公社
 
 
 

ホテル、食事、現地での送迎サービス、通訳を提供します。

 ※参加者の手続き、エントリ費用としてお一人様¥10,500のみ負担させて頂きます。
 ※参加者は1社ごとに2名に限りますが相談に応じます。
 
@ 航空便は個人手配可能
  (本人のマイレッジを利用されるか各地域ごとに各安チケットの手配代行致しますのでご気軽く相談してください!)

  ※国家機関、公社、一部上場企業の専門家派遣の場合は航空券を提供します。
 
A 期間中2泊のソウルデラックスクラスホテル2泊シングルユース提供、現地での送迎サービス
  (空港ホテル間の送り迎え、ホテル展示場までの送り迎え)

  ※日程の延長の場合はホテル、食事などの実費がかかります。
 
B 食事:ホテル朝食2回
 
C 通訳
 
D 締め切り日:2010年09月17日(金)
 
E 日本地域連絡先:第6回 韓国国家インフラ技術大展日本広報部
  第6回 韓国国家基盤(インフラ)技術大展「KOREA SOC WEEK2010」
   株式会社メガ(MEGA) 海外事業部
   住所:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ−ウェスト14F
   担当:キム(m-kim@mega.co.jp): 090-3001-5335   FAX:03-5471-9911
       佐藤(s-sato@mega.co.jp): 03-5458-2311    FAX:03-5458-2100
 
 
 

日 時 場 所 交 通 時 間 日        程
1日目
09月30日
(木)
日本各地域出国
仁川国際空港
ソウル
国際線
専用バス
   日本の各地域から仁川国際空港へ向う
 空港指定場所に集合合流後指定バスでホテルへ出発
 ホテルチェックイン後各自フリータイム
2日目
10月01日
(金)
ソウル 専用バス    ホテルレストランにて朝食
 展示場行き専用バスにて出発
 KOREA SOC WEEK2010展示会場でフリー
 (ご希望の方は各ブースに通訳を提供します。)
 指定時間毎にホテルまでご案内
3日目
10月02日
(土)
ソウル 専用バス    ホテルレストランにて朝食
 展示場行き専用バスにて出発
 KOREA SOC WEEK2010展示会場でフリー
 (ご希望の方は各ブースに通訳を提供します。)
 各地域出国時間に備えて仁川国際空港へ出発 
 
 ※詳しい時刻(国際線、ホテル、展示会場までの移動時刻)などは決まり次第、ご案内します。
 ※提供日数は3日間ですがご希望によっては延泊可能です。(ホテル代、食事代は実費個人負担)