見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ヒットの証  >  発売から約1年で販売数が4000組超  詳細

ヒットの証
発売から約1年で販売数が4000組超
どうぶつしょうぎ/日本女子プロ将棋協会(LPSA)

更新日:2009年12月22日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

子どもでも気楽に将棋の基本を味わえる。母親も一緒に楽しめる。難しそうな将棋の間口を広げたのが、日本女子プロ将棋協会(東京都北区、以下LPSA)の「どうぶつしょうぎ」だ。
 


 
 
商品概要
ルールは簡単
相手のライオンの駒をとるか、相手の陣地(空か森)に自分のライオンの駒が進めば勝ち。きりんの駒は縦横に一マス、ぞうの駒は斜めに一マス進める。ひよこは前に一マス進めるだけだが、相手の陣地に入るとにわとりに成長。斜め後ろ以外はどのマスにも進めるようになる

■商品概要
どうぶつしょうぎ
木製の棋盤と駒の市販化版(幻冬舎エデュケーション製)が、書店や玩具店で販売中。1500円(税込み)。LPSAのサイトから、通販でも購入可能(送料500円)。また通販では、棋盤が紙製の元祖「どうぶつしょうぎ」1200円(税込み)や、棋盤のハンカチ500円(税込み)も販売中
 
 
女流棋士の中倉彰子氏(左)と藤田麻衣子氏(右)
女流棋士の中倉彰子氏(左)と藤田麻衣子氏(右)
 
それぞれの駒に色をつけて、駒の名前にふりがなをつけた型。LPSAは、将来的にこの型を普及させたいと考えている
 

女性・女の子の将棋人口の少なさが開発のきっかけに

2008年2月、初めて「どうぶつしょうぎ」のデザイン案が出来上がる以前から、LPSA(07年5月設立)は女の子の将棋人口の少なさを深刻に捉えていた。大ヒット漫画「ヒカルの碁」(集英社)の影響もあってか、女の子は将棋より囲碁に集まる傾向があった。

なぜ将棋は不人気なのか。LPSAで初心者に将棋を教えていくプロジェクトのリーダー・中倉彰子棋士は指摘する。「まず覚えなくてはならない駒の数が多い。駒の名前が堅苦しくて、難しいイメージがある」。一方、核家族化で、子供に将棋を教えてくれるおじいちゃんのような存在も少なくなった。

さらに女性の将棋人口は1割未満。世の中にこれだけ楽しいものが溢れる時代に、母親は自分の子供に将棋を勧めない。「自分が母親になって初めて、女性の需要喚起の必要性に気付いた」と「どうぶつしょうぎ」のデザイナーであり、女流棋士の藤田麻衣子氏は語る。将棋好きな母親が増えなければ、将棋の普及はままならない。そんな危機感を持った。

かくして「子供と女性に親しまれる将棋」の開発が始まる。まず事業部では、将棋の駒を動物マスコットにする案が出た。見積もりを出すと、なんと1組20万円。この額に、一旦は動物駒作成の案はたち切れとなる。そんな時、藤田氏が初心者用の紙の盤駒を作成するために、動物のイラストを考案。40枚の駒を使用する本将棋バージョンで、試作品を作り上げた。

同じ頃、小さい盤と小さい駒でシンプルかつ面白いゲームを作りたいと考えていた北尾まどか棋士が3×4の升目の将棋を考案。

二人の案が融合し、シンプルかつデザイン性のある「どうぶつしょうぎ」が誕生することとなった。ロット数を上げられないので外注が難しく、当初の100組は一個一個藤田氏が手作業で木材にやすりがけをしていた。時間がかかり注文に追いつかず、木を研磨して駒にする作業は障害者団体に依頼。動物のシールを藤田氏が駒に貼っていく「家内制手工業」のような製作体制で、コストを抑えた。

試作品はまず、08年8月のゲームの会合で見せてみた。「かわいいだけじゃなくて、おもしろい」と反応は上々。初めて販売したのは08年の11月だった。東京おもちゃ美術館(新宿区)に5セット持って行き、1時間で完売。保育士さんが買っていく姿を見て、手応えを感じた。

12月からネットで通販を始めるが、月に約100組の売り上げが続く。それが09年4月ぐらいからマスコミに取り上げられると、1日に100件もの受注が来るようになった。スタッフだけの「家内制手工業」が受注に追いつかなくなり、一時期、商品の販売をストップする事態に。夏を迎えた頃には、商品化したいと20社以上からオファーが来ており、9月に外部で商品化することを決意した。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
Organization Profile

日本女子プロ将棋協会
東京都北区中里2-6-9-102
03-3915-0931
http://www.joshi-shogi.com/