経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ヒットの証  >  高額にもかかわらず60台のセールス  詳細


高額にもかかわらず60台のセールス
D-Friend/ショウエイ

更新日:2011年09月28日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 人口減少が進む一方で、ペットを飼う人は増え続ける現代日本。そんな中、濾過装置メーカーのショウエイ(神奈川県川崎市)は、愛犬家の心をくすぐるドッグバス「ディーフレンド」を開発、人気を博している。

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加 ニフティクリップに追加 Buzzurl(バザール)に追加 FC2ブックマークに追加 newsingブックマークに追加

 
 
D-Friend 操作スイッチ
操作スイッチ。ここで電源、排水、マイクロバブル、ジェット水流の入/切を操作する
 
 
ジェット水流の強弱を調節するバルブ
心地よさに「ディーフレンド」のファンとなり、設置するペットサロンに入るや、そこに向かって走る犬もいるという
 
 
 
 
 

実機を見ずに購入も

 こうして07年夏には試作が終了、その後、知り合いのペットサロンでのテスト使用を開始した。入浴を終えて排水後、乾燥のために送る風の強弱など、さまざまな点で微調整を加え、完成に漕ぎ着けた。

 販売に先立ち、自社工場のある九州で開催されたペット関連の展示会に出展、一般の愛犬家の反応を見た。結果は上々だった。

 08年2月、「ディーフレンド」は発売された。この時点では、ペットサロンや動物病院をエンドユーザーと想定し、この方面に強い代理店などに卸すことを考えていた。

 だが特設サイトを設置したところ、ここを見た人からメールや電話で問い合わせが相次いだ。そこから実際の販売につながり、「実物を見ないで購入するケースが半数以上を占めた」(辻氏)

 すでにマイクロバブルの機能を持つドッグバスがあったため、「一体型という特徴を持つ『ディーフレンド』についてもイメージがしやすかったのだろう」と辻氏は分析する。またジェットバスの機能は、たいていの人が通常の温浴施設でなじんでいる。

 当初発売したものは電源が200ボルトと、いわゆる業務用。設置には配線工事が必要だ。だが「家庭で使いたい」という声や、好調に推移する販売実績から、小規模なペットサロンや家庭でも使える100ボルトのタイプを09年の2月に発売した。個人での購入やペットOKを掲げるペンションでの導入などが実現し、こうして開発初期には思いもしなかった顧客が得られた。

 このディーフレンドに関し、辻氏は「やりたいと思ったことは実現できた」と語る。現時点では新たに愛犬家の視点を生かした製品を構想中という。「ディーフレンド」に続く次の一手が期待される。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
Company Profile

ショウエイ
神奈川県川崎市中原区宮内1-19-23
資本金:7000万円
従業員:99人
044-766-3080
http://www.shoei-roka.co.jp/