経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  日本の活力を奪うものの正体  詳細


日本の活力を奪うものの正体
さかもと未明の言わずにはいられない

更新日:2012年08月01日

※月刊WizBizバックナンバー(2012年7月号)よりお届けいたします。
 


 

さかもと未明氏 顔写真

 
バックナンバー
 
リーダーの条件
2012年6月27日
決断の時には
2012年5月27日
生まれ変わる
2012年5月2日
人事の力
2012年4月4日
コンプライアンスの重要性
2012年3月7日
世界に通じる日本の可能性
2012年2月8日
いざという時にどう備えるか
2012年1月11日
リーダーシップとは
2011年11月30日
セルフモチベーション
2011年11月2日
彼岸に思う
2011年10月5日
祭りに見る人間の底力
2011年9月7日
ボランティアが熱い
2011年8月3日
無自覚な享受から脱する時
2011年7月6日
大震災に思う──“真っ当”な国になるために
2011年6月8日
好意を受ける難しさ
2011年5月18日
仕事を失って見えた「初志貫徹」の道
2011年4月6日
裸の心で得る縁
2011年3月9日
私見、後継者問題
2011年2月9日
「らしさ」を超えて
2011年1月5日
われらが父祖に学ぶ
2010年12月15日
 
バックナンバー一覧
 

先日、日米関係の現状と未来についての講演を聞きに行った時のことだ。主催者へ、若い女性が質問した。

「日米関係は、確かに不平等だと思います。さらに中国が台頭する中で、これから私たちの世代は、どうしたらいいのでしょう?」

その声は消え入りそうにか細かった。彼女が懸命に質問したことは評価したい。でも私は、その元気のなさと質問の内容に愕然とした。不平等だと思うなら、彼女はなぜそれを改善するために、戦おうとしないのだろうか。しかし、かつては私も彼女のように、気力のない若者だったことを思い出した。同時に、私たち戦後育ちの人間は、すべからく「戦うことは悪」と教育されていたことも。

私たちが受けた教育の中で、特に強調されていたのが、「戦争は絶対にいけないこと。命はかけがえのないものだから大切にしよう」というものだったと思う。そして、「地球は一つ。人間は平等」と、日本人であることよりも、世界の平和を優先すべきだと言われてきた。

さらには、「大切な命なのだから、危険なことはしてはいけない、させてもいけない」。「勉強していい大学に入りなさい。そうすれば安定した生活ができるし、年金も充実している」。「これからは国の福祉が老後を保障してくれるのだから、親のことは考えなくてもいい」。「大変なのはわかっているから、無理に結婚することも、子育てをする必要もない」と言われることもあった。

そして、そのとおりに私たちは成長した。結婚する人、子どもを持つ人は減り、したくない仕事はせず、引きこもる若者が増えた。社会に出ても、「戦うな」と言われ、それを順守しようとする若者たちは、諸外国の台頭になすすべもない。それで個々人が幸福ならいいが、国内の自殺者は、年間3万人を超えているのが現状である。不況とはいえ、衣食住に極端に困るわけではない国で、なぜこれだけの人が絶望して死ななくてはならないのか。

先日私は、幼少期を過ごした土地を訪れた。神奈川県藤沢市の、小田急線・長後(ちょうご)駅と戸塚駅の中間くらいの場所にあるのだが、そこに立った時、以前父に聞いた話が思い出された。

「俺が高校生になってすぐ爺さんが死んじまったから、少しでも家計を助けなきゃと思ってな。授業が終わると、横浜の高校から戸塚駅に出て、駅から自転車で大船の珠算塾まで行って働いたんだよ」

戸塚から大船に行って働き、長後駅近くの自宅に帰るまでの道のりはけして短いものではない。必要に迫られてとはいえ、相当大変だったろうと思う。しかし、その頃のことを父は誇らしそうに笑って話したものだ。「お袋が『助かるよ』って目に涙をためてくれてな。どんなに大変でも、疲れたなんて思わなかった。勉強もして、早く就職したかった。お袋に楽をさせたかった……」

そんな話を聞いたことを思い出し、私は思った。「愛とは、平等とは違うもの。誰かを特別に思い、必要ならその人のために戦うこと」なのだ。人生は楽ならいいわけではない。愛する人の面倒を見るために私たちは大きくなり、勉強し、働く。それが大変なほど、生きがいは大きいのだと――。

私たちの受けた教育、価値観は、根源で間違ってはいなかっただろうか。人間は、ただ楽に、自分本位に生きられれば幸福になれるような、矮小な生き物ではない。誰かを特別に思い、尽くしたり頼ったりすること、その相手のために働き、戦うことで、私たちは活力を得るのである。「平和」「平等」「福祉」という聞こえのいい言葉で、生命力の根幹を奪われていないか、私たちは問い直す時が来ている。

著者プロフィール

さかもと未明
1965年神奈川県生まれ。玉川大学文学部卒。商社OLを経て89年に漫画家デビュー。
レディースコミック誌を中心に活躍、2000年には作家としての活動も開始。作品は硬軟問わず幅広い。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『神様は、いじわる』(文藝春秋)など
さかもと未明の和みカフェ?
http://blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei/