見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  決断の時には  詳細


決断の時には
さかもと未明の言わずにはいられない

更新日:2012年05月30日

※月刊WizBizバックナンバー(2012年5月号)よりお届けいたします。
 


 

さかもと未明氏 顔写真

 
バックナンバー
 
生まれ変わる
2012年5月2日
人事の力
2012年4月4日
コンプライアンスの重要性
2012年3月7日
世界に通じる日本の可能性
2012年2月8日
いざという時にどう備えるか
2012年1月11日
リーダーシップとは
2011年11月30日
セルフモチベーション
2011年11月2日
彼岸に思う
2011年10月5日
祭りに見る人間の底力
2011年9月7日
ボランティアが熱い
2011年8月3日
無自覚な享受から脱する時
2011年7月6日
大震災に思う──“真っ当”な国になるために
2011年6月8日
好意を受ける難しさ
2011年5月18日
仕事を失って見えた「初志貫徹」の道
2011年4月6日
裸の心で得る縁
2011年3月9日
私見、後継者問題
2011年2月9日
「らしさ」を超えて
2011年1月5日
われらが父祖に学ぶ
2010年12月15日
順境の時にできること
2010年11月16日
毀誉褒貶と苦難のとき
2010年10月19日
 
バックナンバー一覧
 

先般、占い師に洗脳されたという芸能人の生活が話題になった。それ自体は極端な例だったとしても、大切な「決断」の場において、占いに頼ったり、人の助言を求めたりする人は多いだろう。

実を言えば私も、若い頃は随分と占い師を頼った。「漫画家になりたいけれど、なれるでしょうか?目指してもいいのでしょうか?」と、さまざまな占い師のところを訪ね歩いたのである。

しかし、占い師に「やっていけるよ」と言われたところで、結局その時私は何の行動も起こせなかった。

「生活できないかも」と、リスクを考え、アルバイトばかりをしていた。今思えば、書きたいものさえ見つけられないモチベーションの弱さ、すなわち才能のなさを自認するのが怖かったにすぎない。だが、私はそれを「漫画家を目指していいのかどうか」という問題にすり替えて逃げていたのである。正直、その頃の私の精神性のままでは、とても作家にはなれなかったろう。

そんな私でも、やがて「決断」をしなければならない時は来た。友人たちはどんどん就職を決めていき、私もそれにならうように一度は就職をした。だが、解雇に近い形で退職。自分の生きる場所を失っていく中で、私はまたも占い師を訪ね歩き、納得いく答えを探すということを繰り返した。

そんな終わりのない彷徨の中、私はやがて気づいていく。「自分の気にいらない結論を言われると、そうでない回答が得られるまで、占い師を変えて聞き歩いてしまう」ということに……。「本当は自分がしたいことは決まっていて、それを後押ししてくれる言葉を求めているにすぎない」ことを、自覚するようになったのだ。

それを自覚した私は、「そんな弱い私でも、決断していくにはどうしたらいいか」を考え続けた。悩んだ末に私が到達したのは、以下のセオリーだ。すなわち「決断」し、目標を実現するために必要なのは、まず「目的をはっきりさせること」「目的の優先順位を明確にすること」そして、「実現に必要な手段を獲得すること」である。

漫画家になりたいのが目的なら、描くことでしか道は開かれない。生活の安定や娯楽などは、最優先順位ではないのだから、手に入らなくていいと覚悟する。手段としての生活費はどんな形ででも稼ぎ、応援してくれる人も探すしかない。これを満たせば目的は達成される。ならば、あとは行動するのみだ。ここに迷いの入り込む隙はない。

このセオリーを獲得して以来、私は占い師を頼ることがなくなった。

占いを完全否定するわけではない。今も占いは好きだし、事業を始める時期など、判断の参考にすることはある。しかし、「目的」「優先順位」「手段」の三つに関してだけは、自分で決断するしかない。そして、この三つがはっきりしていれば、途中で判断に多少のブレが生じてしまったとしても、取り返せるものなのである。

それでも迷う時、私のとる行動は二通りしかない。「迷うということは、どうしてもしたいわけではないからやめる」か、「失敗を承知でも、やりたいからやる」か。

そういったことも、臆病だった昔の私は、何度も自分の中で理論化したメソッドを反すうし、反証と検討を繰り返してやっと決断していった。けれど、目的さえはっきりとすれば、あとの決断はそんなに難しくないと、私は体験的に学んでいく。要は、自分は何のために命を懸けられるかという「覚悟」が一番大切なのだ。それを獲得するのは決して簡単ではない。しかし、それさえ決まってしまえば、他人に決断をゆだねる必要もなくなるのである。

著者プロフィール

さかもと未明
1965年神奈川県生まれ。玉川大学文学部卒。商社OLを経て89年に漫画家デビュー。
レディースコミック誌を中心に活躍、2000年には作家としての活動も開始。作品は硬軟問わず幅広い。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『神様は、いじわる』(文藝春秋)など
さかもと未明の和みカフェ?
http://blog.goo.ne.jp/sakamoto-mimei/