経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  われらが父祖に学ぶ  詳細


われらが父祖に学ぶ

更新日:2010年12月15日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

※月刊WizBizバックナンバー(2010年11月号)よりお届けいたします。


 

さかもと未明氏 顔写真

 
バックナンバー
 
順境の時にできること
2010年11月16日
毀誉褒貶と苦難のとき
2010年10月19日
決断するために
2010年09月22日
師と出会う
2010年08月24日
相互の敬意が時代を支える
2010年08月03日
冬季五輪後に思う「日本の心」
2010年07月06日
親子の問題と価値観の相違
2010年06月08日
基地移設問題から考える中小企業のあるべき姿
2010年05月11日
今こそ夢を持つべきとき
2010年04月13日
JAL経営危機に考える「身の丈」の重要性
2010年03月17日
独立のコストを考えてみる
2010年02月17日
 
バックナンバー一覧
 

この原稿を書いている時点で、尖閣事件はあまりにもひどい状態で推移している。

船長が身柄を拘束されたことに対し、中国企業が団体旅行を中止するなど圧力をかけてきた時、私は当たり前のように「どうぞキャンセルしてください」と言い切る国の態度を望んだ。

経済的損失が膨らんでも、わが国の領海で巡視船に衝突してきた他国の船があったなら、断固としてしかるべき措置をとらねばならない。衝突時のビデオもすぐに公開して、国際的に自国の正しさをアピールすべきだった。

しかし、船長を除くほかの船員は次々に釈放され、やがて中国で日本人4人が拘束されるなどの脅迫行為まで明らかになる。あろうことか、政府はその4人の解放と引き換えにさえせずに、中国人船長を釈放したのである。

さらに当初、首相が釈放を知ったのは直前だったというのもおかしい。外務省が知らなかったとするのもおかしい。仙谷由人官房長官が一人で泥をかぶって済むような話でもない。

釈放決定は検察独自の判断とのことだが、検察が法を無視したような動きをするというのはどうなのか。外交的な大問題と、わからぬはずがなかろう。かつて北朝鮮の金正男の不法入国事件に際し、「もめないように」と田中真紀子外相が返してしまったことがあったが、今回はそれ以上の大失態である。

そもそもなぜこのようなことが繰り返されるのか。憶測でしか言えないが、私は裏ですべてがつながって「面倒が起きないように」と、中国に譲歩したのだと思う。そして「誰が責任者なのかわからなくなるように」工作した。けれどもそれでことが収束するどころか、中国はさらに謝罪と賠償を求めてきた。

これは中国が自分の首を絞めることにもなりかねない要求だが、今後この問題がどんな推移を見せるにせよ、今までの対応だけで、この国の外交の敗北と、国家としての機能不全は明確なのである。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

さかもと未明
1965年神奈川県生まれ。玉川大学文学部卒。商社OLを経て89年に漫画家デビュー。レディースコミック誌を中心に活躍、2000年には作家としての活動も開始。作品は硬軟問わず幅広い。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『神様は、いじわる』(文藝春秋)など