経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  順境の時にできること  詳細


順境の時にできること

更新日:2010年11月16日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

※月刊WizBizバックナンバー(2010年10月号)よりお届けいたします。

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加 ニフティクリップに追加 Buzzurl(バザール)に追加 FC2ブックマークに追加 newsingブックマークに追加

 

さかもと未明氏 顔写真

 
バックナンバー
 
毀誉褒貶と苦難のとき
2010年10月19日
決断するために
2010年09月22日
師と出会う
2010年08月24日
相互の敬意が時代を支える
2010年08月03日
冬季五輪後に思う「日本の心」
2010年07月06日
親子の問題と価値観の相違
2010年06月08日
基地移設問題から考える中小企業のあるべき姿
2010年05月11日
今こそ夢を持つべきとき
2010年04月13日
JAL経営危機に考える「身の丈」の重要性
2010年03月17日
独立のコストを考えてみる
2010年02月17日
 
バックナンバー一覧
 

 思い返すと、引き立ててくださった方には失礼をした。ただあのまま立派でない自分が、あたかも立派な人間のように見られ続けることには、気持ちがついていかなかったのだ。
 どんな幸運を用意してもらっても、自分の格や内面がついていかなくては、それを保つことなどできないのだろう。

 以後、病もあって仕事が激減したのは以前に書いた通りだが、随分深い底へと落ちたのも、自分の力以上の幸運をいただいたからだと思う。

「自分の力なしに、恵まれた状態を続けることなど不可能だ」。それが私の結論だ。たとえ小手先で少しは伸ばせても、ほんのわずかのことだろう。それよりも過分な幸運が終わったことによって「自分の力を本当に伸ばしたい」と思えるようになったことが、私にとっては大きい。

 評価は、自分の力に見合った分だけでいい。幸運はいずれ去る。本来が自分のものではないのだ。それなら、その時を引き伸ばせないかなどと考える必要もないのではないか。

 幸運が去ってから一つ、目覚めたことがある。幸運な時を体験する前は、高価なブランドものが欲しくてたまらなかった。そういうものを手に入れるために成功したかった。しかし一度手に入れたことによって、そんなものより、身につけるべきことがあると学べた。

 これからは、ものなどでなく、自分の成長を求めながら、少しでも社会に還元できる人間になりたい。成功は、自分の欲望の実現のためにするのでなく、社会に恩返ししていくためのステップなはずである。

 このところ、チャリティーコンサートなどを企画しているのは、そういうことに気づけたおかけだ。人は一人では生きていけない。逆境の時に助けてもらい、自分が順境の時に役立たせていただく喜びの中に、生きていかなくてはいけない。そんなことをたくさんの方と分かち合えたら嬉しいのだが。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
著者プロフィール

さかもと未明
1965年神奈川県生まれ。玉川大学文学部卒。商社OLを経て89年に漫画家デビュー。レディースコミック誌を中心に活躍、2000年には作家としての活動も開始。作品は硬軟問わず幅広い。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『神様は、いじわる』(文藝春秋)など