経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  危機の時にこそ真価が問われる  詳細


危機の時にこそ真価が問われる

更新日:2009年08月03日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

※月刊ベンチャー・リンクバックナンバー(2009年6月号)よりお届けいたします。


 

さかもと未明氏 顔写真

 
 
バックナンバー
 
アルコールの問題は決して甘くない
2009年07月07日
人生は勝てば何でもいいわけではない
2009年06月02日
今こそ新しい時代のために見直しを
2009年05月01日
“説教一郎”と“言い訳太郎”
2009年04月07日
一流の条件は運でもコネでもなく努力である
2009年03月24日
志を貫くためなら命がけの覚悟で
2009年02月10日
逆境だからこそ理想と志を持て
2009年01月13日
『狭き門』が真の本物を生む
2008年12月09日
自分がやさしくなれば、人もやさしく接してくれる
2008年11月12日
天は地道なよい行ないに味方する
2008年08月28日
 
バックナンバー一覧
 

「理想的な経営者とは?」。これを執筆テーマに編集者から提案されて、戸惑っている私がいる。なぜなら私自身が一番そこから遠い経営者だからである。先般も、折からの不況による経営難のなか、アシスタント料を固定から歩合にするなどの提案をしたのだが、お互いに納得のいく折衷点がうまく見つけられず、今は話し合いを保留している状態だ。

話し合いをしていて気づくのは、私の異常なまでのコミュニケーション力の低さである。ほんのちょっとした提案を受け入れてもらう話術も持たないし、こちらが気を回して先に提案したことが、相手にはまったくどうでもいいことだったりする。要するに、私は「働く側の気持ちが分かっていない」のだ。

最も間違っていたと感じた瞬間は、お金を払えばいいものではないという事実を前にした時である。私は経営者の最低限の条件は、約束した給料を払い続けることだと思っていた。それを実践したうえでの高品質化の追求であり、とにかく給料の遅配がないことにばかり躍起になっていた。だから「お給料さえ払っていれば、多少のわがままも許してほしい」という甘えもあったように思う。

しかし、漫画家の事務所で働くアシスタントは、「お金では多少の苦労をしてでも、いい作品の制作を手伝いたい」という気持が強い。彼女たちも人生の一時期を私という表現者兼経営者に委ねてくれているのである。まるでお金にならないというのではお話になるまいが、給料水準をキープするために不本意な原稿を手伝うのも得心しがたいというのが、彼女たちの本音だ。

今回、話し合いが紛糾した時、「私も寝ないで必死に働いて、それでもお給料を前の水準で出せないのでどうしたらいいか相談しているのだから、あまり責めないで」と涙を流す私に、アシスタントたちは言った。「先生が気にしている額面のことを私たちは言っているのではないんです。新しい給料で働けるかどうかはまだ後ほどのお返事になりますが、何よりもいい仕事がしたいんです。そして私たちだって、何かを犠牲にしてここに来ています。先生だけが大変なのではありません」

その言葉を私はここ数日、噛かみ締めている。これから私は新たな経営のステージに上らなくてはいけない。すなわち、以前の水準に満たない給料でもついてきてもらえる技能と、作品力、指導力が必要になってきているのだ。

まさに企業体とは生き物で、経済活動、その使命、働く人間の年齢、状況などによって、通用するセオリーがどんどん変わってくる。そのうえに、この不況だ。ここを生き延びていくには、まさしく本物になるしかない。

私は今、覚悟を決めつつある。
「この不況に遭遇しなければ、自分の作家としての成長をもう少し先延ばしにできたかもしれないが、もうこうなったら何がなんでも加速するしかないではないか」と。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

1988年玉川大学文学部英文科卒。商社OLを経て24歳で漫画家デビュー。レディスコミック誌を中心に活躍するかたわらルポやエッセイも執筆し、売れっ子となる。00年、「文学界」にて『花悩』で作家デビュー。現在、日本テレビ『スッキリ!!』(月〜金、午前8時〜)のレギュラーコメンテーター。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『右よりですが、何か?』(ワック)など。
さかもと未明オフィシャルブログ「さかもと未明の和みカフェ?」