経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  さかもと未明の 言わずにいられない  >  今こそ新しい時代のために見直しを  詳細


今こそ新しい時代のために見直しを

更新日:2009年05月01日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

※月刊ベンチャー・リンクバックナンバー(2009年3月号)よりお届けいたします。


 

さかもと未明氏 顔写真

 
 
バックナンバー
 
“説教一郎”と“言い訳太郎”
2009年04月07日
一流の条件は運でもコネでもなく努力である
2009年03月24日
志を貫くためなら命がけの覚悟で
2009年02月10日
逆境だからこそ理想と志を持て
2009年01月13日
『狭き門』が真の本物を生む
2008年12月09日
自分がやさしくなれば、人もやさしく接してくれる
2008年11月12日
天は地道なよい行ないに味方する
2008年08月28日
未来の日本のためにも親日派の台湾に目を向けよ
2008年07月17日
男の最も価値ある仕事は身近な人を安心させること
2008年06月12日
橋下知事と東国原知事は似て非なるもの
2008年05月08日
 
バックナンバー一覧
 

波乱含みで新年が明けた。年末の株価は終値が8859円56銭で年間下落率は42.12%だったという。外食産業が続々と店舗数削減を発表。トヨタ自動車も今期は空前の損失が見込まれ減産を発表した。これからますますリストラや派遣切りも行なわれそうである。

こんなご時勢なので、私も一度はアシスタントの半減、人材整理に傾きかけた。しかし、と私は考えたのだ。アシスタントを減らせば経営は一時的に楽になるが、彼女たちの受け入れ先はそうそうあるまい。ここは身を小さくして皆で乗り切るあらゆる手段を考える時だと思った。人数を減らすのではなく、それぞれの最低保障額を決めて、事業体としての資金繰りを最低限度まで下げる。原稿料の安い仕事でも請けるためのシステムを話し合いながら、今こそ新しい時代のため、新しい絵柄を模索しながら新技術を勉強することにした。年賀状も可能な限り多く出した。

そんななかで思ったのは、「不況とはいえ、最初に仕事を始めた時よりは売り上げも人脈もノウハウもある。むしろ自分にとっての『売り上げ目標』が上がりすぎて、苦しいのではないか」ということである。私は20年前、たった1枚の名刺を頼りに、漫画家になった。それが今は千枚近い年賀状をやりとりしている。むしろ1人ひとりの方との関係を粗末にし、心を失ってきた部分はなかったか。

そして連想したのは、この不況がサブプライムローンに代表される「信用経済」の失敗に起因していることだ。サブプライムだけが悪いような風潮だが、私は元々「デリバティブ」といった、実際の資金の数倍の取り引きをすること自体に疑問を持っている。そう考えれば、経済だけではない、車も、外食産業の店も、本当に必要な数より過剰に存在し、消費をあおられて取り引きされていたことも反省する時期なのではないか。

例えばお正月。40年前なら、お店が開いてなく、独身者はお惣菜も買えず、かなり困ったろう。ところが「単身者にもつらくない正月」を可能にしたのが、あらゆる意味で膨張した経済と生活習慣だ。我々はそろそろすべての過剰な達成目標や肥大化した生活を改め、あらゆる意味での「適正規模」「適正価格」を取り戻していく時期なのではないか。

どんなに不況が深刻化しても、人は食事をし、働き、家に帰り、最低限の清潔な衣服はまとう。戦争の合間でも子供は生まれ、私たちは生きていかねばならぬのだ。そのなかで役に立つこと、人の心に訴えるものを作ったり行なったりできれば、必ず道は開けるはずだ。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

1988年玉川大学文学部英文科卒。商社OLを経て24歳で漫画家デビュー。レディスコミック誌を中心に活躍するかたわらルポやエッセイも執筆し、売れっ子となる。00年、「文学界」にて『花悩』で作家デビュー。現在、日本テレビ『スッキリ!!』(月〜金、午前8時〜)のレギュラーコメンテーター。著書に『マンガ ローマ帝国の歴史1〜3』(講談社)、『右よりですが、何か?』(ワック)など。
さかもと未明オフィシャルブログ「さかもと未明の和みカフェ?」