経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  海外情報  >  中国“テスト漬け”の英才教育で小学卒業時にエリート選抜  詳細

世界の義務教育
中国“テスト漬け”の英才教育で小学卒業時にエリート選抜

更新日:2008年03月27日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

中国の子供たちをとりまく、エリート教育の現状とは?
海外在住の記者が取材、紹介します。
 


北京師範大学付属中学の優秀な生徒たち
北京師範大学付属中学の優秀な生徒たち
 
宿題に週末の塾通いと多忙な都市部の小学生

中国の都市部の子供たちの毎日はとても忙しい。小学生は朝7時過ぎに登校して自習し、授業を受けて、夕方4時頃まで学校で過ごす。週末はたいてい「補習班」と呼ばれる複数の塾へ通う。週単位、月単位でテストが行なわれ、中間テストや期末テストなどもあり、“テスト漬け”の生活ともいえる。

また、国際化が急速に進むなかで、「英語力抜きには生活向上が図れない」として、北京や上海などの公立小学校では、近年、1年生から英語の授業が行なわれるようになってきた。漢字の筆記練習、算数の計算問題など、ただでさえ膨大な宿題があるのに、英単語の暗記と筆記練習もしなければならない。

北京師範大学付属中学 中学2年生(13歳)の時間割
 
中国は英才教育の国である。小学校を卒業した時点で、卒業試験の結果を含む総合的な成績により優秀な子供たちが選ばれ、各地に設けられた国立の重点中学へ集められる。これは「示範性学校」とも呼ばれるエリート中学であり、北京市を例にとると700校ほどある中学のなかで20校前後が重点中学である。

そのほかの子供たちは、私立校へ進学する少数を除いて、多くが居住区にある普通中学に進む。ただし、この普通中学へ振り分けられた時点で、十中八九、全国各地にある重点大学への進学は絶望的といわれている。教育の内容、教員の質などで、重点中学とは歴然とした差があるからだ。

重点中学の一校、北京師範大学付属中学では、中学1年生から数学が「幾何」と「代数」に分かれている。授業はクラス単位でなく、細かく成績別にA班とB班に分けて行なわれる。英語の授業も、中学1年生の内容が、日本の中学3年生から高校1年生に相当するほどレベルが高い。

この北京師範大学付属中学の高級中学(高校)からの大学進学率はほぼ100%。しかも、全校生徒の約90%がエリート大学である国立の重点大学に進学している。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ