経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  海外情報  >  近隣の小規模農家とギブ&テイク NYに広がるCSA活動  詳細


近隣の小規模農家とギブ&テイク NYに広がるCSA活動
取材・文/手代木麻生

更新日:2007年10月11日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

いまニューヨークでは、農業が注目を浴びている。コミュニティガーデンやグリーンマーケット(青空市場)、近隣農家と契約して農産物を共同購入する(CSA: Community Supported Agriculture)活動も、年々盛んになってきている。


消費者が農家とリスクを分担

アメリカでCSA活動が本格的にはじまったのは1984年。大規模農業の台頭で、次々と小規模農家が消えたり、買収されたりしていくことに危機感を覚えた市民によってはじまり、アメリカ東北部を中心に全米に広がった。もともとは60年代に日本やヨーロッパではじまった、野菜の共同購入がモデルとなっているという。

マンハッタンの高級アパートの1階ロビーを借りて、野菜の受け渡しを行なう
マンハッタンの高級アパートの1階ロビーを借りて、野菜の受け渡しを行なう

CSAの活動の最大の目的は、天候などによって収入が左右され、大規模農場の脅威にさらされて経営が苦しい小規模農家を支えること。消費者がそのリスクを分担することで小規模農家を支えるかわりに、新鮮でクオリティの高い農作物を手に入れるという、ギブ&テイクの関係を作り上げることだ。

ニューヨークでCSAの第1号が誕生したのは1991年。ここ数年は、オーガニックブームや食の安全性への危機感などから市民の関心が高まって、CSAはその数を増やしてきた。去年1年間だけで10カ所も増え、現在はニューヨーク全体で50のCSAが活動している。

その仕組みだが、CSA活動を支持する地域の消費者グループが近隣農家と契約して、メンバーが決められた金額をその契約農家に前金で払うと、6月から11月まで、毎週決まった日、決まった場所にとれたての野菜が運ばれてくるというもの。野菜の年間の購入価格はCSAによってさまざまだが、1世帯あたり370ドル〜525ドル。

決められた割当量の野菜をはかって持ち帰るCSAのメンバー
決められた割当量の野菜をはかって持ち帰るCSAのメンバー

サステイナブル・アグリカルチャー(継続可能な農業)の観点から、農地で同じ作物を繰り返し作るのは好ましくないので、CSAの契約農家はなるべく多くの種類の野菜を作ることが奨励されている。それもあって、CSAのメンバーはさまざまな野菜を手に入れることができる反面、ほしい野菜をリクエストすることはできない。これまで食べたことがない野菜が配られてきたら、果敢にさまざまな野菜の調理法に挑戦する冒険心と柔軟性が要求される。

また、天候不順で収穫が少ないときには、それを理解して受け入れる懐の深さも必要だ。野菜には旬があり、農産物は自然のめぐみであるという当たり前のことに気づかされる。野菜の価格だが、CSAではオーガニック野菜が、スーパーの普通の野菜(オーガニックではない)なみの価格で買えるという。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ