経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  新商品情報  >  ニューヨーク初の酒蔵が誕生  詳細


ニューヨーク初の酒蔵が誕生
ブルックリンくら(Brooklyn Kura)

更新日:2018年05月30日

ニューヨークに和食が定着して久しく、和食を楽しむための日本酒の人気も高い。それに伴い、日本各地の地酒のセレクションを売りにしているレストランも増え、酒の味がわかるニューヨーカーも増えた。そんな日本酒激戦地にアメリカ人がプロデュースする酒蔵が誕生した。彼らが作るアメリカンクラフト酒の味は?
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニューヨークで初めてのクラフト酒「ブルックリンくら」
ニューヨークで初めてのクラフト酒「ブルックリンくら」
 

「ブルックリンくら」を創立したブライアン・ポーレン氏とブランドン・ドーン氏
「ブルックリンくら」を創立したブライアン・ポーレン氏とブランドン・ドーン氏

酒を醸造し作りたてを販売

アメリカ国内には15の酒醸造所があるが、そのほとんどがカリフォルニアに拠点を置いており、アメリカの酒造りは西高東低だった。だが、ニューヨークの根強い日本酒人気を背景に、ついにニューヨーク、ブルックリンでも地酒作りが始まった。

ニューヨーク初の酒醸造所が誕生したのは、ブルックリンの新しい商業スペース、インダストリアルシティー。16棟のビルの複合施設からなるインダストリアルシティーには、おしゃれなカフェやフードコート、アーティストショップなどが並ぶ、最近注目のスポットで、天気のいい週末ともなるとカップルや家族連れなどが訪れ、のんびり1日を過ごす。

2018年2月、このインダストリアルシティーの中心に、酒の醸造と販売を行う「ブルックリン蔵」がオープンした。金曜から日曜まではここで作りたての純米吟醸を楽しむことができ、日曜は醸造所の見学も可能だ。

酒を醸造し作りたてを販売

「ブルックリンくら」を創立したのはブライアン・ポーレン氏とブランドン・ドーン氏。2013年に友人の結婚式で日本に行った折、ツアーで岐阜県高山市の造り酒屋を訪ねて日本酒の奥深さに開眼した。もともと日本文化に興味があったポーレン氏は、さらに日本酒の歴史にも興味がわいたという。同じツアーに参加していたドーン氏と意気投合し、「アメリカで酒造りがもっと盛んに行われていないのが不思議だ」と、ニューヨークで酒造りを始めた。

2017年には静岡県沼津市や長野県諏訪市の造り酒屋で酒造りの修業を行い、伝統的な日本酒の作り方を学びつつ、現在の場所を確保して準備を進め、昨年12月に初めて商業用として純米大吟醸を醸造した。原料はアメリカ産のコメ、麹、ブルックリンの水(ニューヨークは水質がいいと言われている)とイースト。酒醸造場で作られた酒は、タンクから直接タップルームのバーカウンターに並んだタップから提供される。ガラス越しに見える醸造場の作りたての酒が味わえるのがなんとも贅沢だ。価格は9〜14ドル(グラス)、28〜32ドル(720mlボトル)。

タップルームの隣で醸造された作りたての酒が味わえる
タップルームの隣で醸造された作りたての酒が味わえる

新感覚で楽しむ新しい日本酒

メニューには、「#14」(14番目に開発したレシピで作られた純米吟醸、という意味)、異なる酒酵母を使い、温度も変えて醸造した辛口タイプの酒と「#14」をブレンドした「ブレンド」などのほか、炭酸ガス入りの酒、熟したバナナのアロマの酒など、日本人では発想できないようなユニークなものも並ぶ。

気になる味だが、「#14」はやや甘口で香りが良く、日本酒というよりワイン感覚で楽しめそうだ。また、バナナのアロマと説明にある「ブルードア」は、確かに鼻先に熟したバナナがあるような、甘いバナナのアロマが香る。これは科学者でもあるポーレン氏が、「コメや麹などの配合などをいろいろ変えて作っているうちにできたもの」だという。

たまたま来ていた日本人の中年カップルに感想を聞くと、「チーズに合いそうな味」、「刺身には合わないかもしれないが、刺身に合う日本酒はほかでいくらでも飲める。こういう酒があってもいいと思う」などと答えが返って来た。

伝統的な酒造りを踏襲しつつもオリジナリティーを追求

日本の伝統的な酒造りに基礎を置きつつも、ふたりが目指すのは自分たちの酒造りだという。「マイルドスタイルの酒を作りたい」とポーレン氏。また、酒造りだけでなく、酒の啓蒙も目指す。「いいワインやビールのように、料理との組み合わせにも奥深い楽しみ方があることを伝えたい。また、酒の楽しみを和食以外の料理にも広げていきたい」(ポーレン氏)。すでに、ニューヨークのリカーショップや酒バー、和食レストラン、日本食スーパーなどで販売しているが、和食にこだわらず、料理のジャンルを超えてアピールしていく考えだ。

ブルックリンのインダストリアルシティーに誕生した、ニューヨークの地酒を楽しむニューヨーカー
ブルックリンのインダストリアルシティーに誕生した、ニューヨークの地酒を楽しむニューヨーカー

会社概要

名称:ブルックリンくら
住所:68 34th Street, Brooklyn, NY 11232
TEL : 347-766-1601
Email : info@brooklynkura.com
URL : http://www.brooklynkura.com