見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  新商品情報  >  Q&Aと専門家の隙間を埋める低料金の相談サービス  詳細


Q&Aと専門家の隙間を埋める低料金の相談サービス
株式会社ビザスク

更新日:2015年03月25日

ネットのQ&Aサービスでは心もとない。しかし、専門家に聞くと高くつく……。そんな悩みを持つ個人や法人を対象に、ビジネスに特化した手軽な相談サービスが登場した。株式会社ビザスクが提供する「visasQ(ビザスク)」だ。
 


 
ビザスクのサービスサイト。あらかじめ会員登録をした上で、サービスを利用する
ビザスクのサービスサイト。あらかじめ会員登録をした上で、サービスを利用する
 
 
相談依頼者のリスト
相談の依頼者は、依頼の内容と、謝礼の金額を明示して、相談先をさがす
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1時間単位で相談できる手軽さがウリ

海外進出を検討中なので、現地の情報を知りたい。MBAを取得したいが、その前に経験者の話を聞きたい。ECについて、自分より知識がある部下には聞けないので、誰かに教えてもらいたい――。ビザスクは、こうした「専門家に聞くほどではないけれど、詳しい人に聞きたい」「いまさら聞けないことだけど、知識のある誰かに教えてもらいたい」といったビジネス上の相談を1時間単位でできる情報提供のプラットフォームだ。

サービスの提供方法は、2つで、1つは、ウェブ上でのマッチングサービス。
まず、あらかじめ会員登録を行なった上で、情報を知りたい人は、相談内容と謝礼の金額を、情報を持つ人は、自身が提供できる情報と業務経験を、それぞれサイトに登録する。

相談の依頼主は、自分の希望にあった情報提供者(アドバイザー)を、一方、アドバイザーは、自分が支援できる相談希望者を登録された情報の中からそれぞれ探し、メッセージを送る。その後、非公開のチャットで業務経験等を確認し、情報提供の合意が成立したら、日時を設定、電話、ないしは、対面で相談をする。

料金は、相談の合意が成立した時点で、相談の依頼主からビザスクを経由してアドバイザーに支払われ、ビザスクが利用手数料を差し引いた金額をアドバイザーに支払う。なお、利用手数料は、謝礼の30%となっている。

もう1つのサービスは、コンシェルジュ機能で、登録したアドバイザーやそれ以外から依頼者の希望にかなう相談先をビザスクが探すというもの。こちらの料金は、案件1件につき、アドバイザーに支払う謝礼のほか、25000円がかかる。

2014年3月現在、アドバイザーの登録数は、約5000人。このうち、60〜70%が、現職の会社員だ。コンサルタントや会計士などのような専門家ではないが、業務経験者として培った知識や情報を提供している。それぞれのアドバイザーには、「どのような相談に応じられるか」「それを裏付ける業務経験があるか」の情報を開示してもらうことで、アドバイザーとして依頼に適しているかが評価できるようになっている。

資金ではなく、情報で起業を支援

同社がこのサービスの正式版をリリースしたのは、2013年10月。同社代表の端羽英子氏は、コンサルティング会社や投資ファンドに勤務し、事業成長支援に取り組むなかで、「事業を成長させるのに必要な資金的支援は多いが、情報や人材面での支援は少ない」と感じていた。

その後、端羽氏自身、EC関連のサービスで起業しようと、数カ月かけて準備をしていたとき、EC事業の経験者に相談したところ、「今の事業計画では、絶対に失敗する」という厳しいアドバイスを受けた。この経験から「もっと早くその人のアドバイスを受けていれば、無駄に時間をかけることはなかったはず」と痛感した端羽氏は、「信頼できる経験者からアドバイスを得られることは重要」と、ビザスクの事業を企画、これをサービスとして展開することにしたのだ。

アジア発“知識・経験のシェア”のプラットフォームを目指す

これまでのサービスの利用件数は、非公開だが、相談は、個人だけでなく、法人の利用もある。なかにはリピート利用やアドバイザーの指名もあるといい、徐々にだが、サービスの利便性を実感し、定期的に利用する顧客も出てきている様子が伺える。また、これまでサービスに対するクレームもなく、利用者にはおおむね好評を得ているそうだ。

なお、アドバイザーは、専門家ではないため、提供した情報に関しての評価は行ってはいないが、相談者がアドバイザーを選ぶさいの判断の基準がないため、今後は、何らかの形でアドバイザーを評価する機能は設けたいと考えている。

サービスの認知度向上策については、これまでビザスクでは、ほとんど広告宣伝をしておらず、もっぱら、雑誌や新聞、テレビ等の取材を通し、認知度を高めてきた。今後もその方針は、変わらないが、「モノや情報をシェアするシェアリング・エコノミーが拡がるなか、知識や情報をシェアするビザスクのサービスの需要も拡大していく」と同社では見ており、アジア発の“知識・経験のシェア”のプラットフォームを確立すべく、サービスの拡充に取り組んでいく計画だ。

会社概要

株式会社ビザスク
住所:東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿502号室
URL:http://visasq.co.jp/