経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  新商品情報  >  投資機能付き起業家シェアハウス  詳細


投資機能付き起業家シェアハウス
株式会社彩ファクトリー

更新日:2014年07月02日

ひとつの住居を家族以外の複数人で分かち合う「シェアハウス」。家賃負担の軽減が目的だった昔と違い、最近では、趣味や目標が共通する人たちが集うコンセプト型シェアハウスが登場し、人気を集めている。
 


 
内野匡裕氏
「シェアハウスに住むことは視野を広げ、生き方を見つめ直すきっかけにもなる。モチベーションが高い人はモラルも高い傾向がある。そのような人たちの夢の実現を応援したい」と語る内野匡裕氏
 
 
白金台駅から徒歩6分の起業家シェアハウス「TOKYO SHARE 白金台」
白金台駅から徒歩6分の起業家シェアハウス「TOKYO SHARE 白金台」。2階建ての一軒家には共用のキッチン・リビングと5室の居室があり、家賃は6畳で7.9〜9万円、共益費は光熱費・インターネット込みで1万円。家賃相場より1万円ほど高いが、起業家にとって価値あるソフトが揃っている
 
 
小さな庭にはテーブルとイス
小さな庭にはテーブルとイスが用意され、都会のオアシスを思わせる
 
 
中央に大きなテーブルがあるリビング
中央に大きなテーブルがあるリビング。壁にはホワイトボードもあり、ここで白熱した議論が繰り広げられる
 
 
ベッドとエアコン、冷蔵庫が備え付けられた6畳のワンルーム
ベッドとエアコン、冷蔵庫が備え付けられた6畳のワンルーム
 
 
 
 
 
 

シェアハウスで暮らした経験から起業を決意

東京で白金台といえば、お洒落なお店が立ち並ぶ高級住宅地というイメージだが、歴史ある街ならではの庶民的な風情も併せ持つエリアだ。その白金台駅から徒歩6分という好立地に2014年5月1日、日本初の投資機能付き起業家シェアハウス「TOKYO SHARE 白金台」がオープンした。

入居者の条件は、起業済みの経営者であること。しかも、事業内容の審査を通過した者に限られる。6畳で平均8万円の家賃は、相場よりも1万円ほど高い。にもかかわらず、問い合わせが後を絶たないのは、起業家にとって魅力的な物件だからにほかならない。

このシェアハウスを企画・運営する(株)彩ファクトリーは、これまでに国際交流シェアハウス、シングルマザーのための子育て支援シェアハウス、英会話シェアハウスなどを生み出したコンセプトシェアハウスの草分け的存在だ。代表の内野匡裕氏は元サラリーマン。2006年に初めてシェアハウスに住んだことが、起業のきっかけとなった。

「新卒で入社した日本IBMシステムエンジニアリングでは、いずれは海外赴任になることがわかっていました。それならば英会話のレッスンがわりに、外国人が多く住むシェアハウスで暮らしてみようと考えたのです」(内野氏)

当時のシェアハウスはゲストハウスとも呼ばれ、初期費用がかからず、保証人が不要で、家具付きであるという理由から、短期的に滞在する外国人の利用が多かった。オープンスペースがあり、そこに国籍や言語、仕事の異なる人びとが集う。最初は実利的な理由で住み始めた内野氏だが、そこで触れた人の温かさや生き方に、次第に価値観が変わっていったという。

「それまでは、サラリーマンで安定した人生がよいと考えていました。しかし、そこには個人で仕事をしている人もいて、その様子もそばで見てよくわかっていました。それで、起業という選択肢を加えてもよいのではないかと思うようになったのです」(内野氏)

起業家シェアハウスを思いついたのも、そのときだ。以来、勉強のために10物件のシェアハウスに住み、200物件以上を見学して、コンセプトを固めていった。「お金に困っている人が住むところというイメージと、実際に住んでみて感じた価値との間にあるギャップを埋めたい」という気持ちが原動力となった。

空き物件の集客策としてシェアハウスを提案

起業に向けて、内野氏はまずベンチャー企業に転職する。ゼロから会社を立ち上げる体験をするためだ。それも、最初に転職した(株)ドリコムがあっという間に急成長してしまったため、創業したばかりの会社にさらに転職するという徹底ぶりだ。そこで働きながら、2009年に(株)彩ファクトリーを設立。個人事業のITコンサルタントとして起業を果たした。

本格的にシェアハウス事業に乗り出したのは、その2年後のことだ。だが、夢だった起業家シェアハウスをオープンさせるまでには、もう少し時間がかかった。戸建ての物件を探していたが、自己資金もなく、個人の信用で貸してくれるところもなかったからだ。

そこで内野氏は、不動産会社にシェアハウスのコンサルティングを提案していくことにした。都心には、不景気で企業が手放した元社員寮など、空き物件も少なくない。それらをシェアハウスとして蘇らせ、集客につなげようというのだ。立地や間取り、ニーズに応じて企画したシェアハウスがいくつか誕生していくなかで、シングルマザーを対象にした子育て支援シェアハウスがマスコミに取り上げられたことが転機になった。

「テレビを見た不動産会社から、東京電力の元社員寮だった物件の依頼を受けたのです。社員寮のあとは外国人専用の学生寮でしたが、東日本大震災で学生たちが帰国してしまい、オーナーはつぎの使い道に悩んでいたようです」(内野氏)

練馬区にあるその物件は築20年で、どの駅からも歩いて10分以上かかる。ふつうのシェアハウスでは集客が厳しいと感じた内野氏は、温めていた起業家シェアハウスを提案することにした。40室の規模に対し、充実した共用スペースがあったことも決め手だった。物件はすべて不動産会社が借り上げ、業務委託という形で運営管理を任されたため、借入リスクも回避できた。

とはいえ、世間にまだ認知されていない起業家シェアハウスの告知方法には頭を悩ませた。見栄えのするWebサイトを作成し、Facebook、ツイッターなどで情報を流し続けた。さらに、起業家のコミュニティに顔を出しては、宣伝して回った。そういった地道な活動が功を奏し、オープン後2ヵ月以内に満室を達成し、以来ずっとその状態をキープしているという。

起業家を資金面でもバックアップ

起業家シェアハウスの一番の魅力は、悩んだときにはすぐに、周りの人に相談できることだろう。共用のキッチン・リビングがあるため、自然に会話も弾む。急な相談でもFacebookで呼びかければ、深夜でも数人が集まるという。同じような悩みを経験しているからこそ、的確なアドバイスをくれる。ライバルというより兄弟や家族のような感覚だから、大切な人を紹介してくれる。この物件の居住者は、当初は3分の2が起業をめざす人たちだったが、オープンして2年間で30人以上が起業し、15以上の新規事業が生まれ、10社の会社が設立されたということだ。

この成功を足がかりに、2つめの起業家シェアハウスが誕生した。それが、冒頭の「TOKYO SHARE 白金台」だ。1つめとの違いは、(株)彩ファクトリーが事業主であること。マンションではなく一軒家であること。そして、起業済みの経営者限定であることだ。それには、あるメンター(助言者)の存在が大きく関わっている。

「練馬の起業家シェアハウスの評判を聞いて、マスターピースグループの会長が声をかけてくれたのです。会長はこれまでに30社を支援し、11社を上場に導いた投資家でもあります。その方が、自分が借りていた物件を好きにしなさいと任せてくれたのです」(内野氏)

物件の改装はマスターピースの子会社が請け負い、それを一括借り上げしているため持ち出しはない。入居者を起業済みの経営者に限定しているのは、この会長の人脈で大企業の経営者を紹介されることもあるため、法人化している必要があるからだ。入居者が望み、会長が認めれば、投資も受けられる。また、自転車で5分のところには会長が所有するオフィスがあり、そこのセミナールームを土日は自由に使えるという特典つきだ。

さらに、(株)彩ファクトリーとしても、銀行やベンチャーキャピタルを招いた年2回のビジネスコンテストを主催したり、サイバーエージェントのクラウドファンディング(ネットでの資金調達)に参加したりして、入居者をバックアップしている。

地方や海外での事業展開も視野に

今後については、アイドル育成シェアハウス、政治家育成シェアハウスなど、内野氏の頭には新しいアイデアも浮かんでいる。そのベースとなるのが、「モチベーションの高い人の夢の実現を応援したい」という思いだ。まさに自分自身がそうやって、周りの人に助けられてきたという実感があるのだろう。出会いが出会いを呼び、そこから新たな展開が始まっていく。そのようにして広がってきた事業は地方へも拡大し、今年11月には福岡に英会話シェアハウスがオープンする予定だ。

さらに、海外でのシェアハウス展開も現実味を帯びてきた。タイのバンコクには、マスターピースグループが運営するコールセンターがあり、そこで働きながら海外体験ができるシェアハウスも検討中だ。ほかにも、UR(独立行政法人都市再生機構)からの依頼で、高齢化が進む団地の活性化などにも取り組んでいくという。

「いま不動産業界は、空室物件の増加など深刻な問題を抱えています。これまでは値下げするしかなかった物件も、そこに住みたいと思わせる価値を提供することで、相場より高くても満室にすることは可能なのです」(内野氏)

現在、10物件が進行中で、うち7物件が年内にオープンする見通しだ。今後も年間10物件を目標に、立地やニーズに合わせたコンセプトシェアハウスを世の中に生み出していくということだ。

会社概要

株式会社彩ファクトリー
設立 2009年
住所 東京都練馬区豊玉北3-15-17 x-garden桜台106号室
URL http://irodorifactory.com/