経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  新商品情報  >  人生最期のビデオレターの制作・配信サービス  詳細


人生最期のビデオレターの制作・配信サービス
株式会社 旅支度

更新日:2013年01月23日

超高齢社会の到来により、年間死亡者数は、急速に増加しており、2004年に100万人だった年間死亡者数は、2025年には160万人に達し、このうち140万人が65歳以上と見られている。こうした状況から、かつてタブー視されていた終末期についても、必ず訪れるものと前向きに準備する機運が高まっており、関連するサービスも登場している。
 


 
益井千春氏
「フェアウェルムービーは、人生のカーテンコール。最期のメッセージを残したいという思いに応えたい」と語る益井千春氏
 
 
旅支度のサイト
旅支度のサイト。月額315円で会員になれば、フェアウェルムービーと自分史が登録でき、エンディングノートのフォーマットが使える
 
 
 
 
 
 
 

最期に向け、“自身の思い”を残す機能を提供

益井千春氏は、2012年3月に旅支度という会社を立ち上げ、同名のサービスを始めた。

これは、月額315円の会費制で、フェアウェルムービーと自分史、エンディングノートを作成する機能をウェブを介して提供するサービスだ。

サービスの柱であるフェアウェルムービーは、生前にお世話になった人向けのメッセージをあらかじめ録画しておき、逝去した後に見てもらう、いわば最期のビデオレター。自分で撮影したものを登録できるほか、プロによる有料の撮影サービスもある。ちなみに、プロに依頼した場合の料金は、3分から4分ほどの映像で、59800円〜となっている。

映像の利用方法は、自身の葬儀で流す方法とネットで配信する2つの方法がある。ネット配信は、本人が亡くなった後、遺族の確認を受け、あらかじめ登録しておいたアドレスにメールを送り、メールの受信者が、送られてきたメールにあるアドレスをクリックして、亡くなった人からのメッセージ映像を見るという仕組み。なお、映像は会員1人につき2本まで登録できるので、友人向け、勤務先など公的な付き合いの人向けに分けて利用することができる。

2つ目のサービスは、行政書士が監修したエンディングノートのフォーマットの提供だ。利用者はこれをプリントアウトして自身のエンディングノートを作成する。このフォーマットには、フェアウェルムービーを登録してある旨を記載する項も設けているので、遺族がこれを見れば、フェアウェルムービーがあることもわかる。

3つ目は、自分史の作成サービスだ。サイト上の専用フォームに自分の年齢や経歴や思い出などを入力して自分史を作成するもの。写真のアップロードもできるので、フォトアルバムのように使うこともできる。なお、こちらの自分史は、生前も公開することができる。

データの保存期間は、死後3カ月までだが、会費を払えば、それ以降も保存してもらえるという。

父や友人の死をきっかけに事業化を決意

益井氏は、もともと映像制作の事業を行っており、そこでBtoCの映像業務を検討していたが、そのさい、エンディング(終末)があるだろうと言う話になった。

「年賀状のように毎年出すものには、高いお金を払わないでしょうが、最期なら多少お金を払っても、満足のできるメッセージビデオを作りたいと思うのではないかと考えたのです。折しも、私の父が危ないと言う状態になったところに、3歳下の後輩が急死し、更に、父も亡くなったことから、最期のメッセージを伝える必要性を感じ、これをやってみようと思うようになったのです」(益井氏)

2012年3月にこのサービス専門の会社を設立し、6月にフューネラルビジネスフェアに出展したところ、大きな反響を得たという。

葬儀社などの顧客囲い込みのサービスを狙う

2012年11月時点での会員数は、300人弱で、そのほとんどが高齢者だ。男女比では、女性の方が若干多いという。サービスの開始後からTVや新聞でニュースとして採り上げられるなどした結果、広告宣伝をしなくても問い合わせが寄せられている。

同社では、このサービスをさまざまな形で展開していくことを考えている。

1つ目が、サイトでの収益確保だ。会費収入に加え、サイトのスポンサー収入も視野に入れているという。

2つ目は、映像制作の受注につなげることだ。フェアウェルムービーは自分で撮影したものを登録することができるが、最期なので“プロの映像を”と希望する人も多いとみており、そうした人たちの需要の取り込みを狙っている。

3つ目は、葬儀社などに対し、OEMサービスとして提供する方法。葬儀の業界も競争が激しくなっており、顧客囲い込みのためのサービスに対するニーズも高まっているので、他社と差別化する要素として旅支度の機能を利用してもらう戦略だ。また、養護老人ホームなどの高齢者施設に対し、フェアウェルムービーの撮影会を提案することも考えているほか、保険の代理店に対し、顧客サービスのツールとして、あるいは、健保組合のサービスのひとつとしてもPRしていく方針だ。

具体的な売り上げ目標などは考えていないというが、まずは、フェアウェルムービーの存在を知ってもらい、撮りたいと思ってくれる人を増やすために、1000人の会員獲得を目指すとしている。

会社概要

(株)旅支度
住所:東京都墨田区立花5‐27‐6
資本金:300万円
従業員:2人
URL:http://www.tabijitaku.jp/