経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  市場分析  >  バッグ小売業  詳細

市場を読み解く バッグ小売業・消費者動向&企業戦略編
バッグ小売業
ベンチャー・リンク2008年2月号

更新日:2008年04月10日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

多くのヒット業態を発掘し、日本全国に拡大してきた(株)ベンチャー・リンクの研究開発部門「リンク総研」が、豊富な消費者アンケート調査をもとに、消費者視点で市場のトレンドを読み解いていきます。今回はバッグ小売業に焦点を当て、消費者動向とそれを踏まえた個別企業の戦略について解説します。
(リンク総研主任研究員・松澤佳津美)


バッグ小売市場全体が伸び悩むなかで、手の届くぜいたく.をコンセプトに掲げて若い女性の需要をつかんだブランドが躍進を遂げてきた。今回は、消費者調査の結果からバッグ購入の実態を把握するとともに、個別企業の戦略を探る。

お気に入りブランドの購入が結果的に自己満足度を高める

リンク総研では2007年11月、20代以上の女性940人を対象に「バッグ購入実態調査」を実施した。まず、いちばん最近に購入したバッグに関して、「そのバッグを購入した理由」を尋ねたところ、「店頭で欲しいと思ったから」(34%)が最も多く、「使っていたバッグが古くなったので買い替え」(21%)、「セールを行なっていたから・安くなっていたから」(16%)、「そのブランドのバッグが欲しいと思っていたから」(8%)などと続く。

「そのバッグを購入した店舗を選んだ理由」については、「ほかの買い物をしていて、たまたま目に付いたから」(38%)が最も多く、バッグを目当てに買いに行くというよりも何かの買い物のついでに買ったというケースが多いようである。

一方、「バッグ購入後の感想」を購入店舗別にみると、「思っていた通りでとても気に入っている」との回答が最も多いのは「独立した鞄専門店」(67%)だった。次いで多いのは、「独立したブランドショップやセレクトショップ」(56%)、「免税店」(56%)、「デパート内のテナント」(53%)で、これらの店舗を選んだ理由として「好きなブランドの店だから」との回答が比較的多いことから、特定のブランド品の意識的な購入が結果的に購入後の満足度の高さにつながっていることがうかがえる。

一番最近にバッグを購入した店舗を選んだ理由

 

購入前に思っていた通りでとても気に入っている人の割合


根強く幅広い人気の
「吉田カバン」販売戦略が実る「サマンサタバサ」


「好きなバッグのブランド」についてみてみると、上位は「コーチ」(26%)、「ルイ・ヴィトン」(25%)、「グッチ」(17%)と海外の有名ブランドが並び、各年代で20%前後の支持を集めた。この3ブランド以外で人気のあるブランドを年代別にみると、20代では「吉田カバン」と「サマンサタバサ」、30代では「サザビー」、40代と50代では「プラダ」と「キタムラ」、60代以上では「エルメス」と「吉田カバン」が挙がった。

老舗メーカーである吉田の「吉田カバン」は最近、若い男性の人気を集めているが、女性を対象とした本調査結果でも20代と60代以上で上位に食い込むなど、老若男女を問わず幅広い層から支持されていることが分かる。また、「吉田カバン」を好きな人の特徴として、「日頃のバッグの使い方」について「気に入ったバッグを使い続ける傾向にある」との回答が全体平均やほかの上位ブランドと比較して高く、支持の根強さがうかがえる。

「吉田カバン」とともに20代女性の人気が高かったのが「サマンサタバサ」(サマンサタバサジャパンリミテッド)である。このブランドを好きな人の特徴としては、購入の際には「値段」(59%)や「使いやすさ・機能」(53%)よりも「デザイン(色・形を含む)」(66%)を重視し、「自分の持っている服などに合うか」(47%)も気にする傾向がほかの上位ブランドと比較して強い。

前回のリポートでは「サマンサタバサ」のブランド戦略について、若い女性向けにファッション性の高いバッグを投入し、洋服を着替えるようにバッグも使い分けることを提案していることを紹介した。これが市場に浸透していることがアンケート結果に表われているといえよう。

好きなバッグのブランド(上位)

 

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ