経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  “学費”に特化した進学情報サービスを提供  詳細


“学費”に特化した進学情報サービスを提供
株式会社ジー・パートナーズ 代表取締役社長 景山伸作(かげやま・しんさく)

更新日:2011年09月14日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 大学や専門学校への進学で親を悩ませるのが、学費だ。近年は、学費を払えず泣く泣く中退というケースも少なくない。そうしたなか、学費に特化した情報サイトが登場した。同サイトを運営するジー・パートナーズは、2008年の設立したベンチャー企業だ。
 


 
 
 景山伸作社長
「将来は、進学に必要なさまざまな情報を提供する進学のポータルサイトを目指したい」という景山伸作社長
 
 学費.jp
学費.jpでは、大学、短大、専門学校の進学に必要な費用とその賄い方のシミュレーションができる
 
 
 
 

学費の資金繰りをシミュレーションし、無理のない資金計画をサポート

――御社の事業の内容を教えてください。
大学、短大、専門学校の進学に必要な費用を紹介する会員制の情報サイト、学費.jpを運営しています。これは、入学前、1年目、2年目と、学年ごとにかかる費用と自分の予算とを比較し、在学中賄えるか、もし、無理ならアルバイトや奨学金でどのくらい補えるかといったことをシミュレーションできるサイトです。

――学費は、学校側も発表しますが、どこが違うのでしょう?
学校側が発表するものは、学費だけですが、当社のサイトでは、通学の定期券代や通信費といった進学に必要な細々とした費用まで含めたシミュレーションができます。入学希望者があらかじめこのサービスを利用することで、より負担の少ない資金計画が立てられ、学費が支払えずに退学といった事態も防げる点が特徴です。

――広告宣伝はどのようにされているのですか?
検索サイトで、「学費」関連のキーワードで検索した際に表示されるようにしています。また、大学のパンフレットでサービスを紹介してもらったり、高校の保護者会でチラシを配ったりしています。

保護者の関心が高い“学費”に絞ったサービス

――御社の設立は2008年だそうですが、それ以前は、どのような仕事をされていたのですか?
学生向けに大学や専門学校の情報を提供する情報誌の出版社に勤務し、営業を担当していました。学生募集広告の提案をするほか、高校生向けに大学教授の講義を体験するイベントなどを行ないました。京セラドームを借りて、1日200講義ぐらいをやるという大規模なイベントで、大変好評でした。

――充実した会社員生活を送られていたようですが、なぜ、独立されたのですか?
会社が希望退職者を募る制度を実施、一緒に仕事をしていた同僚が辞めていくなか、自分の業界との関わりを見直しました。そこで、もっと利用者側のニーズにあったサービスを提供したいと思っていたのですが、それもなかなかできなかったことから、思い切って自分でやってみようと思ったのです。

――情報の提供対象を受験生から保護者向けに変えたのはなぜですか?
いまやオープンキャンパスをすると、半数が保護者同伴で来るといいます。つまり、進学における親の決定権が大きくなっているのです。そのため、親がもっとも関心があるであろう学費に関する情報を提供することにしたのです。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

株式会社ジー・パートナーズ 代表取締役社長 景山伸作(かげやま・しんさく)
昭和41年生まれ。大阪府出身。近畿大学卒業後、進学情報誌の出版社にて営業を17年担当した後、2008年、ジー・パートナーズを設立し、代表取締役に就任。現在に至る。

会社名:株式会社ジー・パートナーズ 
設立:2008年9月
資本金:800万円
従業員数:7名
所在地:大阪市中央区農人橋1-4-31イマス谷町ビル4F
TEL:06-6809-6275
URL:http://gakuhi.jp/