経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  鯖寿司で世界進出を目指す!  詳細


鯖寿司で世界進出を目指す!
株式会社 鯖や サバ博士 右田 高有佑

更新日:2011年09月07日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 海外で成功を収め、自信たっぷりで帰国したものの、国内では低空飛行ばかり。そんな苦境にあっても腐ることなく挑戦し続けたことで、新たな道を切り拓いた人がいる。大阪・豊中市に本社を置く「鯖や」の経営者でサバ博士を自任する右田高有佑氏だ。
 


 
 
 右田高有佑氏
「高校までは、とくに青魚が苦手だった」という右田高有佑氏。スーパー勤務時代に卸し先の料理屋で魚のおいしさを知り、以来、毎日のように魚料理を作って食べたという
 
 
 オーストラリアの回転寿司店勤務時代に作り始めた鯖寿司
オーストラリアの回転寿司店勤務時代に作り始めた鯖寿司。これが、帰国後の人生を開いた
 
 
 

居酒屋の人気メニューで専門店を開業

――鯖やの概要を教えてください。
鯖やは、「関サバ」と並ぶサバのブランドである「八戸松前沖サバ」を使った鯖寿司の専門店です。店舗は、大阪府豊中市の本店直営店のほか、大丸百貨店の心斎橋店と神戸店に出店しています。このほか、生協などの宅配サービスやネット通販でも販売しています。

――なぜ、鯖寿司という昔からある商品で起業しようと思われたのですか?
鯖やを始める前に、妻と二人で居酒屋を経営しており、僕が作った鯖寿司を出していたのですが、評判がよかった。それで、「これを商品化して売ったらどうだろう?」ということになり、07年の1月、居酒屋の敷地の一角に調理場を作り、鯖寿司の製造販売を始めたのです。

まず、大阪市内のビジネス街で、“鯖寿司、1本1000円。1本買うと、もう1本おまけ!”というFAXダイレクトメールを1000 本打ったところ、500件の注文がきました。けれど、商品は手作りなので、作れる数が限られるうえ、1本プレゼントなので、価格は、実質1本500円。どんなに頑張っても1日、数万円の売り上げにしかなりませんでした。

そこで、次に取り組んだのが、スーパーへの催事出店でした。サイズが変わっても手間は同じなので、シャリもネタも大きくして1本 2000円にし、100本作ったところ、全部売り切れました。これに気をよくして、もっと大きな店で催事販売したら、その時の売り上げは、45万円。この経験から、“商売になる”と思い、その年の6月、妻を社長に、鯖やを法人化しました。

オーストラリアで武者修行

――鯖やを始めるまで、さまざまな仕事を経験されたそうですね。
高校を卒業して、最初に就職したのは、スーパーの鮮魚部門でした。寒いし、しんどいし、しかも、僕自身、魚が嫌いだったので、最初は、あまり楽しい仕事ではなかったのですが、友達の紹介だから辞めるわけにはいかなかった(笑)。けれど、魚のさばき方とかを覚えると、仕事もだんだん面白くなり、もう少し大きいところで働きたいと思うようになり、別のスーパーに転職しました。そこで3年ほど勤めたのですが、今度は、別の世界も見てみたいと思うようになり、 23歳の時、仕事をやめ、オーストラリアに行くことにしたのです。

――オーストラリアでは、どんなことをされたのですか。
渡航するに当たり、「英語をマスターする」「空手の大会でトロフィーを取る」「商社で働く」という3つの目標を掲げたのですが、実現に向けた具体的な計画はありませんでした(笑)。現地に着いてから、「魚がさばけるので、働かせてほしい」と、チェーンの回転寿司店に頼み込み、職を得たのですが、「商社で働く」目標を叶えるため、本部に異動させてもらいました。最初は、工場の雑用係でしたが、2年後には、会社のナンバー2にまでなっていました。店舗数も、入社した当初の2店舗から14店舗にまで増え、新しく立ち上げる会社の社長も打診されたのですが、それを断わり、帰国しました。

――社長の職を蹴って、帰国したのですか?
仕事も順調、生活も快適と、オーストラリアでの暮らしは理想的でした。ただ、それだけに、“20代でこんなに安穏としてしまって大丈夫なのか?”と不安になり、日本に帰ることを決めたのです。周囲はみんな反対したのですが、空手の大会で準優勝し、「トロフィーをとる」という夢を実現できたのを機に、帰国しました。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

右田 高有佑(みぎた・こうすけ)
1974年9月生まれ。大阪府出身。高校卒業後、スーパーの鮮魚部などで働いた後、23歳でオーストラリアに渡る。現地で回転寿司チェーンを展開する企業で働いた後、26歳で帰国。いくつかの職を経験した後、夫婦で居酒屋を開業。メニューのひとつ鯖寿司が人気だったことから、07年1月、鯖寿司専門店「鯖や」を開業、06月に法人化。

会社名:株式会社 鯖や
設立:2007年6月
所在地:大阪府豊中市庄内東町1-7-33
電話: 06-6335-2204
URL:http://www.torosaba.com/