経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  “はまった”仕事で社会に貢献したい!  詳細


“はまった”仕事で社会に貢献したい!
株式会社フラン 代表取締役社長 竹川智子(たけがわ・ともこ)

更新日:2010年03月24日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

起業を目指して仕事を選ぶ人がいる一方、面白いと思った仕事を選んだ結果が起業につながったという人もある。フランの社長、竹川智子氏もそうした人のひとりだ。
 


 
 
竹川智子氏
「いろいろな人が協力し、チームとして課題解決にあたることで、より多くの課題が解決できるため、体制の構築を急いでいる」と語る竹川智子氏
 
 
中小企業の支援事業は、企業から直接受託するケースと、自治体の支援事業を受託
中小企業の支援事業は、企業から直接受託するケースと、自治体の支援事業を受託するケースとがある。どちらかに偏ることなく、事業の両輪として双方に取り組んでいく方針だ
 
 
最近は、販路開拓にウエイトが移ってきているという
かつては、自治体や国の支援といえば、商品開発が中心だったが、最近は、販路開拓にウエイトが移ってきているという
 
 
 
 
 

中小企業の販路開拓をサポート

――フランでは、具体的にどのような事業を手掛けておられるのでしょうか?
健康・福祉関連分野を中心に、中小企業の開発した製品の販促支援をはじめとする経営コンサルティングを行なっています。最近は、地域おこしの観点から、製造業だけでなく、農産物の販促・企画など、農家の経営支援にも取り組んでいます。

――手掛けた企業支援で成功した事例を教えてください。
販路開拓の支援した会社の製品は、カタログ通販も含め、ほとんどが販売先を確保できました。そうしたものの中には、お風呂洗いを簡単にする湯垢とりボールのように、ヒット商品に育ったものもあります。また、鼻緒のついた履物を靴下の製造・小売りを手掛ける会社に紹介したところ、その会社の200店舗で扱われ、夏以外でも売れるようになったケースもあります。

貿易事務から記者を経て福祉関連事業へ

――フランを立ち上げるまでに、さまざまな仕事を経験されたそうですね。
大学を卒業して就職したのは、大塚製薬でした。その後、朝日新聞系列のアサヒ・ファミリー・ニュース社という会社に転職し、記者になりましたが、会社が開設した健康・福祉器具の展示場「ATCエイジレスセンター」の運営に携わったことから、健康・福祉分野のコンサルタントとして独立しました。その後、新聞社時代の先輩が設立したコンサルティング会社の役員を務めた後、06年10月、フランを設立しました。

――異なる分野への転身が成功した理由は何だと思いますか。
そうですね、ひと言でいえば“仕事にはまる”ということでしょうか(笑)。大塚製薬では、貿易部門で湾岸諸国に製品を輸出する業務に携わっていましたが、男女雇用機会均等法が施行されて間もないこともあって、海外出張などの外向きの仕事はまだ男性が中心でした。外に出る仕事がしたいと思っていたとき、知り合いの記者が楽しそうに仕事をしているのを見て、アサヒ・ファミリー・ニュース社の記者募集に応募したのです。実際、いろんな人に会い、いろんな話を聞いて、それを自分のフィルターを通して伝えるという記者の仕事は大変面白く、“これは天職じゃないか!”と思えるほどになりました。

ライフワークとなった健康・福祉分野に取り組むようになったのは、会社が開設した「ATCエイジレスセンター」の立ち上げに、企画スタッフとして携わったことがキッカケでした。当時、福祉分野は過渡期で、福祉用具法など、新しい政策や法律がいろいろと決まっていった時期でした。それまで私は、国の政策にはあまり関心がありませんでしたが、霞ヶ関での会議にも参加し、国の政策等が決まっていく様子を間近で見るようになると、他人事だと思っていた福祉が身近に感じられるようになりました。

また、政策決定のプロセスに参加することで、小さくても社会に貢献しているという達成感が感じられ、この仕事も、“はまった”と思うようになったのです。

転職の回数は多いのですが、これまで仕事が嫌で転職をしたことは一度もありません。どこの職場でも仕事に精いっぱい取り組み、仕事を楽しんだからこそ、次のステップに進みたいと思ったのです。勝手な言い分かもしれませんが、私にとっては、どの職場も“卒業”したという感じなのです。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

プロフィール
株式会社フラン 代表取締役社長 竹川智子(たけがわ・ともこ)
1964年、兵庫県伊丹市生まれ。大学卒業後、大塚製薬に勤務した後、アサヒ・ファミリー・ニュース社に転職。「ATCエイジレスセンター」の立ち上げに携わった後、コンサルタントとして独立。(株)プロモーション・コンサルティングファームの役員を経て、2006年10月、(株)フランを設立。

会社概要

企業名:株式会社フラン
所在地:〒530-0042 大阪市北区天満橋3-3-5 TiL301
設立:2006年10月
資本金:300万円
電話:06-4801-8077
URL:http://www.franc.co.jp/