経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  おいしさと安全性で勝負する小さなやおや  詳細


おいしさと安全性で勝負する小さなやおや
やおや「ONEDROP」店主 小谷亘(こたに・わたる)

更新日:2010年02月24日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

スーパーなどの量販店に押され、八百屋や魚屋といった昔ながらの店は減る一方だが、あえてこうした店を開業する若者も登場している。京都市の小さな商店街の一角にこだわりのやおや「ONEDROP」を開業した小谷亘氏もそのひとりだ。
 


 
 
小谷亘氏
やおやの店主というより、カフェの店長といったおしゃれないでたちの小谷亘氏。
 
 
京都市の小さな商店街の一角にある「ONEDROP」
京都市の小さな商店街の一角にある「ONEDROP」。店名は、くちばしで水を一滴ずつ運び森の火事を消そうとしたハチドリの寓話にちなんでつけたという。
 
 
紫大根
人参やジャガイモなどのおなじみの野菜のほか、紫大根など、珍しい野菜を取り揃えている点も人気の秘密だ。
 
 
 
 

スーパーと百貨店の間をいく“こだわりのやおや”

――やおや「ONEDROP」の概要を教えてください。
店舗面積は、6坪と小さいのですが、有機野菜をはじめ、自店の基準に照らして安全と思われるものを全国の契約農家、約100軒から仕入れて販売しています。品揃えは、季節により変わりますが、常時50〜60種類、大根や人参といったおなじみの野菜から、わさび菜、生食用のかぼちゃなど、スーパーでは扱っていない珍しい野菜までを取り揃えています。

――有機野菜というと、価格が高く、健康志向の強い人や富裕層が利用するというイメージがありますが、どのような層が利用しているのでしょうか。
商品はこだわりを持って仕入れていますが、百貨店の野菜売り場ほど値段が高いわけではありません。たとえば、水菜一袋が198円というように、スーパーより少し高いくらいです。なので、お客さんも、ごく普通の方が中心で、近くに住むお年寄りから若者まで、幅も広いです。また、一度買ってくれたお客さんは、「おいしかったから」「新鮮だったから」と、日常的に利用してくれています。このほか、最近は、飲食店の経営者など、業務用に利用するお客さんも増えています。

――開業から2年ですが、手ごたえはどうですか?
おかげさまでお客さんの数も年々増え、月間の売上高も400万円を超えるまでになりました。また、店売りとは別に宅配サービスも行なっており、現在、80人ほどが利用してくれています。最近は経営的にも少し余裕ができ、12月には、新たに人を入れる予定なので、さらに売り上げも伸びる見込みです。

アルバイトからやおやを開業

――やおや、魚屋といった昔ながらの業種は、スーパーなどに押され、廃業するところが増えています。そうしたなか、なぜ、あえてやおやを開業されたのですか。
大学2年生のときに、近所のやおやでアルバイトをはじめたのがキッカケでした。その店は、京都の美山町の作物だけを扱うというこだわりを持った店で、店の経営方針に共鳴していたこともあって、大学卒業後もそこでアルバイトを続けていました。しかし、店の経営が厳しくなり、アルバイトを続けるのが難しくなったため、これからどうすべきかを知り合いの経営者に相談したところ、「ガレージを貸すので、やおやをやってみたらどうだ」とアドバイスされ、自分で店を開くことにしたのです。

――開業資金は、どのように調達したのですか。また、仕入れ先は、どうしたのですか。
ガレージは、無償で貸してもらえたので、店舗の費用はかからなかったのですが、仕入れ資金と車が必要だったので、両親から100万円を借りました。いきあたりばったりで始めたこともあり(笑)、仕入れ先は、営業しながら探しました。知り合いからの紹介のほか、HPや雑誌に掲載された農家に連絡を取るなどして、徐々に仕入れ先を増やしてきました。

――07年9月には、店舗を移転されましたね。
営業を始めてからわかったのですが、ガレージを借りた場所が、あいにく“住宅街では商売をしてはいけない”という「地域協定」の対象地区だったため、営業開始9カ月後には、週末だけしか営業ができなくなってしまいました。このままでは、店としても存続できないし、ガレージを貸してくれた人にも迷惑がかかると思い、07年9月、現在の場所に店を開きました。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

プロフィール
やおや「ONEDROP」店主 小谷亘(こたに・わたる)
1982年、兵庫県芦屋市生まれ。大学2年生から青果店でアルバイトを始め、卒業後もその店に1年間勤務。2006年5月、民家のガレージを借りて、やおや「ONEDROP」を開業。07年9月、現在の場所に店舗を開設。

店舗概要
店舗名「ONEDROP」
所在地 〒603-8172 京都市北区小山初音町16-2
営業時間 10:30〜18:00
定休日 日曜日、祝日の月曜日、年始、GW、お盆
電話 075-493-5612
URL http://www.onedrop-vege.net/
メール yaoya@onedrop-vege.net