経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  中小企業のウェブ戦略をサポート  詳細


中小企業のウェブ戦略をサポート
コムガレージ 代表 原田義行

更新日:2009年10月15日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

勤務先の業績悪化から、やむなく独立を選んだコムガレージ代表の原田義行氏。はからずも起業家となった原田氏だが、顧客である中小企業に対し、個々のニーズに沿った販促方法を提案するなど、細やかな対応が評価され、取引先を増やしている。
 


 
「現在は、個人事業だが、なるべく早く法人化したい」という原田義行代表
「現在は、個人事業だが、なるべく早く法人化したい」という原田義行代表
 
 

中小企業向けの販促に特化した販促サービスを提供

――御社のホームページには「販促企画.com」の名前がついていますが、具体的な事業内容を教えてください。
当社の事業の柱は、3つあります。ひとつが、ゴルフ用品と健康関連商品のネット通販サイト「ゴルフタウン」の運営。2つ目が、パンフレットやチラシなど、販促ツールの企画・制作。そして3つ目が、検索エンジンへの登録代行やホームページの制作など、ウェブを使った販促方法の企画・制作です。このほか、ノベルティグッズの企画や新聞や雑誌の広告など、広告代理業も行っています。いずれも、中小企業向けのサービスです。

――とくにウリとなるサービスは何ですか?
商品や企業の特徴をマンガで紹介したパンフレットや会社案内など、マンガを使った販促媒体の企画・作成が好評です。マンガなら、気軽に読んでもらえ、幅広い層にアピールできるため、導入されるお客さんが増えています。それから、今、力を入れているのが、デジタルブックです。これは、パンフレットをめくるように、ウェブ上で情報を読むことができるというものです。

――創業は、2007年1月だそうですが、それ以前は、広告代理店でサラリーマンをされていたそうですね?
はい。大学卒業後、一貫して広告代理店の営業をやってきました。しかし、06年秋に、勤務先の会社の業績が悪化し、ある日突然、完全歩合制で仕事を続けるか退職するかの選択を迫られたのです。お客さんもいたので、とりあえず3カ月は歩合の営業を続けましたが、このままならいっそ独立したほうがいいと思い、起業を決めました。

――いわば、起業せざるを得なくなって起業したというわけですね。
そうです。準備期間もなく、いきなり放り出されたという感じでしたから、知り合いのデザイナーのオフィスに間借りしながら、仕事をはじめました。お客さんも販促物の制作などの業務を委託する先も、当初は、サラリーマン時代の取引先ばかりでした。しかし、独立から3年経った現在は、いずれも起業後に自分で開拓したところのほうが多くなっています。

――顧客や業務を委託する先は、どのように開拓されたのですか?
お客さんは、いろんな交流会に参加して開拓しました。同友会など、サラリーマン時代には無縁だったところにも行くようになりました(笑)。業務を依頼する先は、取引先の紹介のほか、取引を申し込んできた先などです。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

コムガレージ 代表 原田義行(はらだ・よしゆき)
1957年山口県生まれ。大学卒業後、広告代理店勤務の後、2007年1月、コムガレージを創業。

企業名/コムガレージ
所在地/大阪市中央区瓦町4-4-14日宝ニュー本町ビル404
電話/06-4305-3461
URL/http://www.hansokukikaku.com/