経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  顧客の立場に立った時計修理会社  詳細


顧客の立場に立った時計修理会社
株式会社ウォッチ・ホスピタル 代表取締役 北川直樹

更新日:2009年07月07日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

大切な人からのプレゼントでいただいたり、何かの記念として購入する時計。
そんな人それぞれの思い出が詰まった時計の状態をチェックするという形を通じて、顧客と永続的な関係を築き、修理だけでなく故障を予防するお手伝いを行なう。それが2007年9月に創業した「ウォッチ・ホスピタル」だ。
 


 
腕時計の宅配に使用する専用ボックス(精密機器ボックス)。
腕時計の宅配に使用する専用ボックス(精密機器ボックス)。
 

阪神大震災が転機に

――時計修理ビジネスをはじめられたキッカケを教えください。
私自身、もともと時計が大好きで、大学時代も時計店でアルバイトをしていました。大学生活は卒業後にどんな仕事をしたいかなどはあまり考えず過ごしていたのですが、そろそろ就職活動を…と思った矢先、あの阪神大震災が起こりました。

自分の身は無事でしたが、バイト先の時計店は建物ごと倒壊し、再開の目処が立たないため、そのままバイトも解雇になってしまいました。これがバイトだったからいいのですが、家庭を持っていたら大変なことだと感じ、「何か手に職を付けなければ……」と危機感を持ったわけです。

そこで、時計修理の専門会社に就職。研修を終え、都内の大手百貨店の時計売場に併設された修理カウンターに配属になりました。ここには11年勤め、国家資格である時計修理技能士1級もその間に取得しました。

私にとって、その修理カウンターでのお客様の要望が今のサービスのキッカケとなっています。実は、故障した時計をお持ちいただくお客様と会話をするなかから、時計修理サービスに対する不満足な思いを感じ始めるようになったんです。

東京駅のすぐ側という土地柄、出張の合間に時計の修理を依頼される方が多かったのですが、部品を取り寄せなければならないため時間がかかってしまい、お客様が東京にいる間にお渡しできないなど、ニーズがあるのに、今の時計修理サービスはそれに応えられていないことなとが代表的な例です。そこで、WEBでの時計修理サービスを立ち上げてみようと思ったのです。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

<プロフィール>

株式会社ウォッチ・ホスピタル 代表取締役 北川 直樹

株式会社ウォッチ・ホスピタル 代表取締役 北川 直樹(きたがわ・なおき)
1973年兵庫県生まれ。岐阜、三重を経て高校まで名古屋育ち。兵庫県の大学卒業後、時計修理専門会社に就職するため上京。配属になった百貨店で顧客の声を聞くうちに時計修理サービスを必要とする潜在ニーズの大きさを感じ始め、2007年9月、時計修理会社「ウォッチ・ホスピタル」を創業。

会社名:株式会社ウォッチ・ホスピタル
代表取締役:北川直樹
資本金:300万円
本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座3-13-4
電話:0120-121-647
問い合わせ:support@watch-hospital.net
URL:http://www.watch-hospital.net/
【オメガ修理専門 オーバーホールお任せNAVI】
http://www.omegawatch.jp/