経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  危機広報管理がなっていない有名企業の実例  詳細


危機広報管理がなっていない有名企業の実例
〜莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2014年05月07日

著者のオンラインの記事に大反響があったという。掲載後5日間で20万ほどのページビューが……。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」
への条件

謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

名指しで批判された日本の企業名

26年ぶりに日本を訪れてきたドイツ在住の従妹を関西旅行に案内した。一旦中国語を使いだすと、普段、日本語を使って暮らしている私には全然感じなかった問題を、強いショックを受けるほど体感できた。そのショッキングな現場を見て、日本がもっとも自慢すべきだと思っているサービスが崩壊し始めているという錯覚に陥るほど驚いた。問題の重大さに気付いた私は、ダイヤモンド・オンラインにコラム記事を書き、一流企業を含む問題企業を実名で取り上げ、サービス問題の改善を求めた。

記事が掲載されたあと、大きな話題となった。そして、中国のSNS「微博」にもその内容を140字で紹介し、サイトのリンクを張ったが、転載された翌日(4月17日)1日だけで11万9000人が読んだ。5日後にはこのコラムを読んだ人は約20万人に上った。

ダイヤモンド・オンラインでもコラム記事がアップされた翌日、過去1時間枠で3位、1週間経った時点でも、1週間枠で4位を獲得した。ソーシャルランキングでは、facebookにおいてもtwitterにおいても1位になった。しかも、ランキング上位5位までの評価ポイント数の平均を大きく上回った。

ここまで話題が広がるとは予想しなかったが、社名を公表された企業もそれなりに動いているはずだ。できるだけ、名指しで批判された企業にも名誉挽回のチャンスを与えたいと思って、東京・ミッドタウンにある5つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン」とマカロンなどを主要商品とするフランスのお菓子専門店・ダロワイヨ(DALLOYAU)ジャポン本社に意見交換を求めたいとメールを送った。

顧客の声に傾聴すると自負しているザ・リッツ・カールトンからは何の返事もなかった。一方、ダロワイヨ ジャポンからは電話はあったが、意見交換の場を持ちたいというこちらの要望については、時間がないので、お断りしたい、ときっぱりした返事だった。もちろん、「莫邦富さまにはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 今後、このようなことがないようにしていきたいとお伝えください」 とのメッセージはあった。

危機管理広報に力を入れるべきだ

こうした企業の姿勢を目の当たりにした私はそのまま、facebookにやり取りを公開した。フォロワーたちからの声をここに拾ってみよう。

S氏という女性:「ちょっと進歩がない企業ですかね? とりあえず謝ってはいるようですが、隠したい。がうかがえるように思います。」

T氏(男性):「社内倫理劣化進行中の御様子かとも??」

広報を担当したこともあるK氏:「ああ、何も学ばない会社ですね。企業広報的にはこういうクレーム対応が必要なときこそむしろチャンスですのに! もしかしてアジア系の人には来て欲しくないというブラックな本音が見え隠れしてたりしませんか?」

元モバイル端末を製造する企業の社長であるM氏:「折角のチャンスを逃している企業ですね。経営トップの姿勢そのものの問題です。」

出版社の社長T氏:「外からの声をありがたいと思わない企業に将来はないと思います。『時間がない』というのは全く理由になりません。腹の底が透けて見えますね。」

在日中国人のB氏:「時間がないので、お断りしたいとは、笑止千万。物言わぬ顧客相手にしか商売したくないのでしょう。」

北海道在住の経営者T氏:「日本のサービスの全体像とここの企業の温度差を感じました。今回は対応能力の低さが見えました。」

大学教授のK氏:「うまく話し合う自信がないのだと思います。体質が古く、当惑しているのだと思われます。」

企業や組織などには危機が発生することはよくある。危機発生時に「危機管理広報」をきちんとしないと、傷口がさらに広がる。事件・事故など危機的な状況が発生した時、初動の段階におけるメディア対応が特に重要だ。この巧拙によって、その企業や組織をめぐる社会的評価や世論は大きく左右する。

その意味では、今度の私の批判を受けた上記の2つの会社は危機管理広報という視点から見ると、その対応がともに不合格としか言えない。日本の企業はこれからもっともっと危機管理広報に力を入れるべきだ。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。 『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。 現 在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモン ド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。 博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/

  貴社の事業が世界に広がる!
WizBiz海外進出デスク

「自社の商品が海外で売れるか試してみたい」「リスクを最小限におさえて海外進出したい」「海外に進出したいが、どうすれば良いのかわからない」そんな経営者様は『WizBiz海外進出デスク』をご活用ください!
  あなたの運勢は!?
経営者のための占い「WizBiz経営者占い」

「WizBiz経営者占い」は、「経営者のための占い」をキーワードにした占い情報が満載です!経営の悩み解決に、経営の運気アップに、経営の判断の後押しに「WizBiz経営者占い」をご活用ください!

■関連記事
私が見た2つの清里の表情に想う(2014年4月3日)
ソフトバンクの店員の接客問題をあなたなら、どう見る?(2014年3月12日)
柳井正氏の『現実を視よ』を読む(2014年2月19日)
私はなぜ日本航空の機内食とラウンジ食に噛みついたのか(2014年1月22日)
甘味と香りに感激した豚肉(2013年12月18日)
離島・宮古島の南西楽園リゾートホテルのペット誘客作戦(2013年11月27日)
『南仏プロヴァンスの12か月』がくれたヒント(2013年10月30日)
中国旅行に、なぜ日本航空よりも全日空を選びたくなるのか(2013年10月2日)
地方の町おこしに現われた外国人助け人からのヒント(2013年8月28日)
川床料理と流しそうめん(2013年7月31日)
一本のバナナを四人で分けるハイアール創業時のエピソード(2013年7月3日)
読書筆記:企業を変えるカギ―を教えてくれた一冊(2013年6月12日)