経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  加賀市の皆さんへ、加賀温泉郷で売り込んだらいかが?  詳細


加賀市の皆さんへ、加賀温泉郷で売り込んだらいかが?
〜莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2012年11月21日

莫邦富氏は「日本の47の都道府県を全部制覇した中国人はそうはいないだろうと思う。」といっているが、日本人でもそうはいないだろう。今回の訪問地は石川県の加賀市だ。
 


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」
への条件

謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

 伝統と現代が美を醸し出す町

日本の47の都道府県を全部制覇した中国人はそうはいないだろうと思う。数年前にすでにその目標を達成できたので、もちろん、私は鼻を高くして自慢したい。しかし、冷静に考えると、所詮、各地方のうわべしか見ておらず、深いところまで観察できたとはとても言えない。だから、自分があまり知らない新しいところに行くと、かなり興奮する。わりと丁寧に観察する意欲をもっている。その意欲はある意味では、好奇心と表現してもいいのでは、と思う。

今年に入ってから2度も訪問した石川県の加賀市はまさに私の新しい観察対象だ。とくに伝統を大事に守っていながら、現代の息吹を日常の経営に吹き込むことに熱心な老舗温泉旅館のあらや、春は渓流と新緑の競演、秋には紅葉に映える渓谷ならではの美しさを見せてくれる鶴仙渓との出会いに感激している。金沢と同じように、加賀市も伝統と現代との融合により生まれてくる美を上手に醸し出す町である。

一方、現場を見る回数を増すごとに、より改善してほしいといった気持ちも次第に強まってくる。それも一種の感情移入と言ってよいだろう。この土地に対する愛情を覚えるようになると、自然に厳しく求めたくなる人間の自然な気持ちかもしれない。

温泉名の羅列では覚えられない

まずは、加賀市の観光名所を外国人に効果的にアピールする域にはまだ達していない問題だ。

加賀市には、片山津温泉、山代温泉、山中温泉がある。それぞれアピールしている。日本での生活が長く、日本の地理や歴史などに対しては、多少予備知識を持っているはずの私でも、一度の訪問で、その3つの温泉の違いや特色などのことを覚えられない。2回目の訪問を終えて、ようやくどこがどこなのか、多少は分かったような気がした。しかし、自信は持てない。

私の持論だが、ブランドなどをアピールする場合、なるべく消費者や観光客に覚える負担をかけないように工夫すべきだと思う。そうしないと、お客さんはなかなか覚えてくれなくなる。

加賀市にあるこの3つの温泉はそれぞれアピールするよりも、私は加賀温泉郷として売り込んだほうが効果的だと思う。

あらやも鶴仙渓も非常に素晴らしいが、海外、少なくとも中国本土を含む大中華圏での地名度はまだ低い。その知名度を上げるための広報作戦に工夫しなければならない。

私は九谷焼が好きだが、加賀市にある九谷焼美術館を見学した中国人留学生は興味を示さなかったという話を聞いたことがある。その留学生本人が日本に対してどれぐらいの基本知識をもっているかといったやや個人の素質レベルの問題もあるが、やはり展示方法、説明の切り口などもっと工夫すべき問題も相当ある。

寺前秀一・加賀市長をはじめ、同市の関係部署の関係者たちもインバウンド誘致に非常に意欲を燃やしている。3回目に加賀市を訪問するとき、きっと同市はより親しみやすい町になるだろうと信じて、この原稿を書いている。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。 『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。 現 在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモン ド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。 博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/