経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  中国の現場に行ってビジネスチャンスをつかもう  詳細


中国の現場に行ってビジネスチャンスをつかもう
莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2012年08月22日

この8月の視察で、中国でのビジネスチャンスが思った以上に身近にあることを実感したという。
 


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」
への条件

謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

 3年前に素人が設立した工作機械メーカーに驚いた

8月上旬、工作機械に部品やソフト二次加工などのサービスを提供するメーカー数社を連れて中国を訪問し、山東省エン州市、江蘇省常州市、浙江省杭州市にある中国国有企業系、民営企業系、台湾系の工作機械メーカー数社を視察し、これらの会社の総裁、副社長らの主要経営幹部と交流した。

「百聞は一見に如かず」という言葉の通り、中国の現場を見て驚いたことが何度もあった。たとえば、山東省エン州市にある民営企業系の工作機械会社Y社を訪問したとき、その規模と製造されている機械を見て、みなとても感心していた。しかし、会社の紹介を聞いて、みなびっくりしてしまった。

その会社は、実は設立してからわずか3年しか経っていない。3年前の2009年にアメリカ発世界金融危機が起き、中国もその影響をもろに受けた。経営困難になり、優秀な社員を解雇してしまった工作機械メーカーがあった。当時、不動産関連の事業をやっているとある会社のオーナーは逆に実業に進出する絶好のチャンスだと判断し、工作機械メーカーから人員整理された技術者などを集めて、今のY社を立ち上げた。

順調に軌道に乗ったY社も悩みを抱えている。より上級の機械を製造するのに、技術力と人脈が不足している。

江蘇省常州市にあるK社も工作機械業界のニューフェースだ。昨年から中国の景気もよくない。受注量が激減している工作機械も少なくない。それにもかかわらず、K社はフル回転していても、受注した仕事の量に追いつかないほどだ。とくにアップル関連の仕事が山積している、と嬉しい悲鳴を上げている。そのため、アップルの携帯電話関連の部品を加工する専用工作機械を作りたい、その分野の支援をもらいたい、と外部に協力を求めている。

ビジネスチャンスは自分の手でつかめ


景気の低迷と市場の委縮で仕事が減っている日本の工作機械メーカーやその他の関連企業にとっては、嬉しい限りの話だ。

しかし、課題も出てきた。視察に行く前に、私は、関係会社に再三、会社の業務内容をアピールする資料の中国語版をきちんと用意しておいてください、と求めたが、関係会社の幹部は「はじめての中国ビジネス視察なので、1回目の今回はおもに勉強するつもりだ」と言って、あまりに耳を貸してくれなかった。実際、中国の現場を見てから、ようやく私の求めを理解し、あわてて対応するようになった。

中国でのビジネスチャンスが思った以上に身近にあったことを、今度の視察で関係会社は実感した。たとえば、Y社で座談したとき、冗談半分で、御社が直面する技術的な問題を解決するために、そちらの開発センターの一角に事務所でも構えようかとのこちらの発言を受けて、数日後、事務所を用意するよう準備をしている、という、Y社からの連絡がきた。

常州のK社で座談会を進めている最中に、K社の副社長から、具体的な協力案件についてより突っ込んだ商談をしたい、という要望が出てきた。2日後、K社の技術担当者がわざわざ上海まで追ってきた。そのため、日本へ帰る飛行機に乗り込む寸前まで商談を行なっていた。

今度の中国視察から得たものは、より大胆に中国市場に突入して、積極的にビジネスチャンスを捕捉すべきだ、という一点に集中できる、と思う。その意味では、視察に出る前に、より周到な下準備をしておくべきだ、と痛感した。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。 『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。 現 在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモン ド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。 博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/