経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  夢中にさせられた機内番組プログラム  詳細


夢中にさせられた機内番組プログラム
莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2012年01月04日

多忙の中、睡眠時間は移動中に確保せざるを得ないという筆者。ひと眠りしようと思ったら、機内放送で「発想の来た道」という番組が始まったのだが・・・。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」への条件
謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

全日空機内放送で見た「発想の来た道」

12月は師走といわれるが、師ではない私も殺人的なスケジュールに追われている。講演も集中している。さらに年末進行ということで、連載コラムの原稿も前倒しの提出を求められている。本当に猫の手も借りたいくらい忙しい。そうなると、どうしても睡眠時間が削られてしまう。

かといって、ある程度の睡眠時間を確保できないとやっていけない。その睡眠時間を確保するために、移動時間を利用することが多い。新幹線の中でも飛行機の中でも、とにかく座れるところがあればすぐに寝てしまう。

先日、講演のため佐賀県を訪問した。夜の全日空便で東京に帰る時、飛行機に乗り込む前には、1時間以上は寝られるだろうと考えていた。しかし、そこで大きな誤算が生じた。機内食を食べた後、もうひと眠りしようと思ったら、機内放送で「発想の来た道」という番組が始まった。「家賃を倍にする建築家! 大島芳彦」といった文字に惹かれ、イヤホンを使わずに無声映画を見るような感じでこの番組を終わりまで見てしまった。

若い頃に米軍基地近くの古アパートで共同生活した経験から、改築したアパートに居住者がシェアしあう共有スペースを設けるというスタイルで、築数十年の建築物をリノベーションし、超人気物件に変身させる。家賃収入を増やしただけでなく、居住者の満足度も高めており、まさに理想的なビジネスモデルである。

ラティス青山という築数十年の物件の場合もそうだ。リノベーションされる前は、かなり老朽化していたため賃料を何度下げても空室が埋まらなかった。ところが、大島さんの手でリノベーションされた後、建物の一階にデザイン系の本屋と24時間営業のカフェが設けられて絆を作れる共有空間ができたため、人気が出てきて、おしゃれな人々の集まる場所となった。部屋の中はシンプルな空間にして、デザイン系の人々が好むように手を加えられるようにした。SOHO的なオフィスの集大成みたいなオフィスビルがこうして誕生した。家賃は以前の倍以上になり、空室待ちの状態が続く超優良物件になっているそうだ。

ビジネスのヒントはやはり現場にある

こうした実例を挙げながら、番組が進む。眠気が一気に吹き飛んだ。そこにビジネスの真髄を見ることができたからだ。

大島さんは現場主義者で、よく現場を見回る。そこからの発見で老朽化した建物に新しい命の息吹を吹き込んだ。他のビジネスにも通じる話だ。深夜、家に着いて、インターネットで調べると、この機内番組に感動した人が結構いることも分かった。

「なかなかここまでの発想は出ない自分がいるので、この大島さんという方の発想の素晴らしさに感動しました。やはり商売のヒントは机の上や会議室には無く、現場にあるなーと思いました」と自らのブログに書き込んでいる人もいた。何よりも柔軟な発想をもたないと、と感想を述べる人もいた。

さらに、機内番組プログラムに対する満足の声も上がっている。「これのおかげで国内線の機内はいつも満喫させていただいています」という乗客もいる。

機内で最後まで興味津々で番組を見た。近年、テレビをほとんど見ないようになった私にとって非常に珍しいことだ。このシリーズの他のタイトルも見てみたいという気になり、全日空に交渉してみようかと作戦計画まで練り始めた。

飛行機が、無数の星が輝くような東京湾を目指して降下し始めた。まったく眠気のない私はむしろ頭が冴えてくるのを覚えた。市場のニーズを知るにはビジネスの現場に出て体感するのが一番だ、と感想を噛み締めていたところ、飛行機が着陸した。そこで決意もできた。今度の「莫邦富の視点」ではこの話を取り上げよう、と。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)

1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。
現 在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモン ド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。
博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/