経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  品質と安全性が問われる「中国速度」  詳細


品質と安全性が問われる「中国速度」
莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2011年08月10日

7.23の高速鉄道の事故は、中国のターニングポイントを象徴しているという・・・。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」への条件
謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

5、6年で倍増を実現する中国速度

 これまで何度か中国を訪れた経験をもつ外国人なら、きっと中国の変化ぶりに驚くと思う。5、6年前の体験で中国を語るのは非常に危ないことだ。なぜかというと、5、6年も経つと中国の経済規模はほぼ間違いなく倍増しているからだ。

  町の風景も一変してしまう。日本での移住年数が長くなると、中国に一時帰省する人が自分の生まれ故郷であるにもかかわらず迷子になってしまう。こうした経験談を耳にたこが出るほど聞かされている。

  東京の江戸川区に私は13年住んだ。マンションの近くに2キロくらいの長さの自動車道が作られていた。私がそこの住民になる数年前にはすでに施工を開始していた道路なのに、13年の歳月が流れ、墨田区にある新しいマンションに引っ越す時になってもまだ開通していない。

  日本のことを多少でも知っている中国人なら、誰もが亀よりも遅いその日本速度に呆れてしまう。日本政府、日本企業、日本人にもっとスピードを上げてもらえないのか、私も含め、在日中国人の多くがそう思っている。

  その意味では、スピード感のある中国速度に対して、私も含め多くの在日中国人も好意的な評価を与えている。

スピードよりも質を求める時代がやってきた

  しかし、7月23日起きた中国版新幹線の追突事故のように、スピード感をもつ「中国速度」にも問題がある。スピードを求めるあまり、品質と安全に関心をあまり払わなくなるケースが中国に多い。そこに見栄を求める要素が入ると、事情がより複雑になる。

  中国には、「面子工程」という言葉がある。つまり、見栄プロジェクトという意味だ。中国共産党誕生の日である7月1日や現在の中華人民共和国誕生の日である国慶節(10月1日)に合わせて、建設プロジェクトなどを無理矢理に完成させるケースが非常に多い。

  欄干を固定するねじにナットを入れないまま竣工を宣言した大橋がある。北京〜上海の高速鉄道(中国版新幹線)の開通も似通った安全上の問題を抱えている。今度の高速鉄道の追突にもこうした問題が透けて見えた。追突事件が発生した後の乗務員の行動を見ると、非常事態発生時の対応などの訓練をきちんと受けていないと断言できる。

  39人もの死者を出してしまった今度の高速鉄道事故で、中国国民のほとんどが品質と安全性の保証のない速度は本当の速度ではなく、単なる暴走に過ぎないということを認識できただろうと思う。

  中国社会を見つめると、高速鉄道のそれに似通った問題を抱えている分野が多いということに容易に気付く。

  たとえば、マンションの品質問題もそうだが、大連などの都市部には、近年、騎馬で街のパトロールを担当する女性警官が増えている。街の新しい風景だと自慢する報道が多かった。

  しかし、これは私に言わせれば、これは街の風景を飾る単なる花瓶的な存在に過ぎない。もし治安上、何か緊急事態が発生した時、こうした飾り物の警官はきっと役に立たない存在となるだろう。今度の高速鉄道の事故にも同じ性質の問題が起きていた。役に立たなかった列車の乗務員が相当いたからだ。

  中国経済は速度だけではなく、質も安全性も求められる時代を迎えようとしている。その意味では、今度の高速鉄道の事故はそのターニングポイントを象徴しているのかもしれない。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)

1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。
現在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモンド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。
博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/