経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  開催直前で取りやめとなった食品展示会  詳細


開催直前で取りやめとなった食品展示会
莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2011年05月18日

 入場招待券を35万枚配布し、準備万端で4月6日(水)開催を控えていた日本食糧新聞社主催の食品展示会「FABEX2011」が、3月11日に起きた東日本大震災のため計画が大きく狂ってしまったという。
 


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
バックナンバー一覧
 

開催直前で取りやめとなった食品展示会

ここ数年、食品関連の企業との付き合いが増え、中国の内陸部で毎年5月中旬に食品展示会を催す河南省ラク河市(ラクは、さんずいに累。中国語発音は、ルォホー)と毎年4月上旬に開催する日本食糧新聞社主催の食品展示会「FABEX」とも連携作戦を進めている。そのため昨年から、うちの事務所で親しくさせていただいている食品企業を束ねてその2つの食品展示会で出展するようになった。

今年もその予定だった。主催側の話によれば、すでに入場招待券を35万枚配布していたという。準備万端で4月6日(水)〜8日(金)に開催される予定だった「FABEX2011」は、3月11日に起きた東日本大震災のため計画が大きく狂ってしまった。諸般の事情で予定通りの開催が不可能になってしまったのである。そしてその会期中に視察団を出す予定になっていた中国側も日本訪問を無期延期してしまった。

ひとつの展示会を成功させるためには事前にどれほどの準備作業が必要かということを考えると、この2つの意外な結果は仕方ないとは言え、これまでの努力がすべて水に流されてしまうような思いである種の無力感を覚えた人も多かっただろう。

「食」は元気と活気のもと

しかし、経済の正常化を通して震災復興を支援しようと考える人たちもいた。

日本食糧新聞社は「日本の復興は『食』から」というスローガンで、これまでの会場だった東京ビッグサイトが地震の影響で確保できないのが分かると、直ちに以前に開催実績のある幕張メッセに打診し、会場を確保した。日程についても、他の食品関連展示会の会期等を考慮しつつ、電力需要が高まる夏期を避け、6月1日(水)〜3日(金)の開催を決定した。さらに、岩手、宮城、福島、茨城4県の展示エリアも設け、震災地の復興をこうした目に見える形で支援することになった。

出展の継続を求められたうちの事務所でもその意欲な姿勢に心を打たれ、微力ながら協力させていただくことを約束し、米を香港やトバイなどの海外都市に輸出した実績のある会社やキューバの有機砂糖などの食材を扱う貿易会社、内モンゴルの乳酸菌製品を製造・販売する会社、中国市場への進出を考える島根県のミネラルウオーターを販売する会社などに声をかけ、その出展を決めた。

「FABEX2011」が開催されるまであと1カ月間。配布資料とポスターの作成、展示コーナーのデザイン、キャッチコピーの作成、人員の調整、スケジュールの確保……やることは山ほどある。時間がいくらあっても足りない。しかし、みなが妙に張り切っている。おそらくこれまでの展示会とは異なり、今年は震災後という特殊な背景のもとで開催されることがある種の励みになっている。元気な姿を見せ、そして社会に元気を、経済に活気を取り戻したいという意欲や意地もあるだろう。

ご興味のある読者のみなさんもぜひ「FABEX2011」にご来場いただきたい。詳しい情報は、日本食糧新聞等の媒体、第14回ファベックス/第8回デザート・スイーツ&ドリンク展/第1回米粉産業展の公式ホームページでご確認いただきたい。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。
現在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモンド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。
博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/