経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  年賀のあいさつに見られる中国像  詳細

莫邦富的視点
年賀のあいさつに見られる中国像

更新日:2011年01月19日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 年賀状を通して、日本人の特派員、外交官の中国へ対する思いを読み解いています。


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
バックナンバー一覧
 

中国を市場と見る流れ

昨年はとにかく忙しかった。疲れをとるため、正月中はおとなしく家でテレビドラマを見たりインターネットを利用したりして、寝正月を過ごした。新年のあいさつも年賀状よりメールを通して行なっている。

昨年、さまざまな講演の場で、私は次のように指摘した。
「中国経済がいつ崩壊するかといった心配は胡錦濤や温家宝など中国の指導者に任せたらどうだろうか。日本の皆さんにとってより緊迫した課題は日本経済の立て直しではないか」
「中国のマイナス問題をあら探しのように取り上げるよりも、市場としての中国の可能性をいかに日本のビジネスチャンスにすべきかを考えたらどうか」

こうした私の提言に対する返事が新年のあいさつにも現われた。

「年末年始の報道でも、莫先生のご指摘通り、中国に対する見方の転換―マイナス面より、中国の内陸部諸都市の発展と内需拡大の流れをどう日本のビジネスチャンスについなげるか、といった論調が目立ち、当地は環日本海地域ですので、中国・韓国諸地域との縁はますます深まるでしょう」(山陰地方のメディア関係者A氏)。

「昨年ご講演いただいたお話は、民放テレビでも取り上げられる、着目すべきお話でした。輸出企業が少ない○○県ではありますが、農水産物・食料関係では、市場を求めて東京、大阪に出かけていますが、競争が激しく、地元ブランドの確立は容易ではありません。ぜひ、中国に目を向けて欲しいと思っています」(山陰地方のメディア関係者B氏)。

新年早々、中国を市場に捉え、売り込みに来られた方もいる。
「謹賀新年。暮に電話でお願いした件ですが、弊社は某サプリメントの販売権を取得しておりまして、現在、弊社としては、中国については販売先を別ルートでと考えております。この点について、早い時期にお伺いして、相談できればありがたいのですが、ご都合をお知らせください。サンプル・資料等は、5日着で送りますので、よろしくお願いします」(貿易会社C氏)

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/